F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

メルセデス、フェーズ3PUの信頼性問題は、未だ100%解決には至らず

シェア
コメント
メルセデス、フェーズ3PUの信頼性問題は、未だ100%解決には至らず
執筆:
2019/09/06 3:31

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、イタリアGPに向け、最新スペックのパワーユニットの信頼性に疑問符が残っていることを認めた。

 メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、ベルギーGPでアップデート版のパワーユニットにトラブルが多発したことを受け、イタリアGPに向けてその信頼性に疑問符が付けられていることを認めた。

 メルセデスはベルギーGPに、”フェーズ3”と呼ばれるアップグレード版のパワーユニット(PU)を持ち込んだ。この新PUは、カスタマーチームも含めて全6台に投入されたが、レーシングポイントのセルジオ・ペレスとウイリアムズのロバート・クビサは、いきなりトラブルに見舞われてしまった。

Read Also:

 このため、上記のふたりはフェーズ2に戻してイタリアGPを戦うことになるはずだ。またそれ以外の4台は、ベルギーGPに引き続きフェーズ3のPUを使うことになると思われる。

 このフェーズ3のPUは、ベルギーGP以降最終戦まで、各ドライバーが使い続ける予定だったユニットだ。しかしペレスは金曜日(FP2)で、クビサは土曜日(予選)でトラブルに見舞われたために、週末の残りをフェーズ2に戻して戦わざるを得なかった。そのため、今後いずれかのタイミングでグリッド降格ペナルティを受けることになるだろう。

 トラブルが発生したPUは今週、イギリス・ブリックワースにあるメルセデスのHPP(ハイパフォーマンス・パワートレインズ)に戻され、徹底的な調査が行われた。その結果、いくつかの回答を手にすることはできたが、トラブルの正確な状況はまだ明らかになっていないと、メルセデスのトト・ウルフ代表は認める。

「少し理解することができた」

 ウルフ代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「我々は5日間にわたって状況を見てきたが、何が起きたのか、その症状が分かった。これにより、いくらかリスクを軽減することができる。しかし、完全な分析には至っていない」

 モンツァでのパフォーマンスに影響を及ぼすのか、そう尋ねられたウルフ代表は、次のように語った。

「そのことは、まだ完全には明らかになっていない。明日、その対策を実行した時に、より理解することができるだろう。まだ不明なんだ。FP1で試してみる必要がある」

 ペレスとクビサがフェーズ2を使い続けることについては、製造のキャパシティの問題だとウルフ代表は説明する。

「新しいモノを同時に準備することはできない。これはキャパシティの問題だ。ちょうど6基しかなかった。少し予備もあるが、十分ではない」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、HPPとそのトップであるアンディ・コーウェルの能力を、完全に信頼していると語った。

「僕としては、別に心配していない」

 そうハミルトンは語った。

「今週、僕はアンディと話をした。僕にはこのチームでの長い経験があるし、HPPは素晴らしい仕事をしてきた。過去6年間、僕らはこのテクノロジーの最前線にいる。僕らは先頭に立っていて、誰もが何年も追いつこうとしてきた」

 ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスも、パワーユニットの信頼性について、次のように語った。

「今日のミーティングで聞いたことは、今後は懸念はないということだ」

「全てが理解されていると思うし、フルパワーで回すことができるはずだ。だから今のところ心配する必要はない」

Read Also:

次の記事
ノリス、敬愛するバレンティーノ・ロッシをモチーフにした特別ヘルメットを着用へ

前の記事

ノリス、敬愛するバレンティーノ・ロッシをモチーフにした特別ヘルメットを着用へ

次の記事

フェルスタッペン、”スタート問題”の解決は「とても難しい」

フェルスタッペン、”スタート問題”の解決は「とても難しい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper