F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

未来を見据えて。ペトロナス、メルセデスと代替燃料の新プロジェクト立ち上げ?

シェア
コメント
未来を見据えて。ペトロナス、メルセデスと代替燃料の新プロジェクト立ち上げ?
執筆:
協力: Stuart Codling
2018/08/20 9:57

メルセデスと燃料/潤滑油パートナーであるペトロナスは、F1以外のカテゴリーで協力する可能性について議論を進めているようだ。

 メルセデスと、彼らの燃料/潤滑油パートナーであるペトロナスは、F1以外のカテゴリーにおいて協力できる可能性があるか、議論を進めているようだ。

 2010年、メルセデスがブラウンGPを買収しF1に復帰した時から、ペトロナスとの提携がスタート。2014年に現行の”パワーユニット”規則が導入されて以来、ペトロナスは技術的な関与を深めてきた。

 そんな中、市販車同様モータースポーツにも確実に脱化石燃料の流れが押し寄せており、世界耐久選手権(WEC)では今後、水素燃料電池車のカテゴリーが設けられる予定となっている。メルセデスも、2019年から電動シングルシーターで争われるフォーミュラEに参戦することが決まっている。

 ペトロナス・ルブリカンツ(潤滑油)・インターナショナルCEOのジョゼッペ・ディアリゴは、同社とメルセデスは代替燃料のプロジェクトに共に取り組む可能性を検討しているとmotorsport.comに話した。

「我々は今、メルセデスと議論をしている。メルセデスだけではないがね。F1のレーストラックを飛び越えて、両社をより良く表現する方法を求めるためだ」

「様々なレースがあり、我々が活動できるスペースも様々だ。我々は、我々に提供できる技術的なソリューションに注目している」

「そういった場所で、我々がそこで使われているエネルギーにどう関わっていけるか、そしてそれをどの様に日常の生活に活用できるかを検討している」

「我々は多くのOEMと話をしている。商用車や乗用車、農業車で使われるハイブリッド技術に役立つ、バッテリーパックの電解液やその他の機能性液体について、すでにそれらと協働をしている」

 ディアリゴは、その様な技術が短期的に持続可能なものになると考えるのは非現実的だと述べた。しかしペトロナスは、新しいプロジェクトに多大なリソースを投入する準備をしているようだ。

「先を見据えて、将来的により良い方法を見つけることが出来ればいいと思っている」と彼は語った。

「汚染もなく環境への影響が少ない、または全くない方法だ。それはみんなにとって素晴らしいことだし、我々はその移行をサポートしている」

「ハイブリッドへの移行が進んでいるが、将来的には持続可能で機動力に問題のない、電気自動車のソリューションが実現する可能性がある」

「我々はそれを達成するため、ベストな移行方法を見つけるというチャレンジをしなければならない企業だ」

「今後数年間、我々は予算の35%を(CO2)排出削減プロジェクトに投入することを約束している」

次の記事
クビサ、ウイリアムズ内での役割は「計画と違う」も、チーム貢献に満足

前の記事

クビサ、ウイリアムズ内での役割は「計画と違う」も、チーム貢献に満足

次の記事

レッドブルのマルコ、SFもてぎを視察。スター育成の場として検討か?

レッドブルのマルコ、SFもてぎを視察。スター育成の場として検討か?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell