F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

メルセデス、カナダにアップデート版パワーユニットを投入へ

シェア
コメント
メルセデス、カナダにアップデート版パワーユニットを投入へ
執筆:
2019/06/06 23:19

メルセデスは、ワークスチームとカスタマーチームに対して、アップグレード版のパワーユニットをカナダGPで投入する予定であることを認めた。

 メルセデスは今週末のカナダGPに、アップデート版のパワーユニット(PU)を投入する予定であることを明かした。このPUは、ワークスチームだけでなく、カスタマーチームであるレーシングポイントとウイリアムズにももたらされる予定であるという。

 今季、メルセデスのPUはこれまでトラブルを起こしたことがなく、アゼルバイジャンGPでマンホールの蓋に接触したことによりダメージを負ったジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のマシン以外、PUのコンポーネント交換を行っていない。

 一方でライバルメーカーであるルノーやフェラーリ、そしてホンダは、信頼性とパフォーマンスの両面で、今季これまでにアップデート版のPUを投入済みである。

 カナダGPの舞台であるサーキット・ジル・ビルヌーブは、パワーが重要視されるコースだ。メルセデスはパワーの面でフェラーリに遅れを取っていることを認識しているため、アップデートを投入するには理にかなった場面であると言える。

「ブリックワースのファクトリーにいるスタッフは、信じられないほど懸命に働いている。エンジンに関しては、今季は簡単なスタートではなかった」

 モントリオールに乗り込んだメルセデスのルイス・ハミルトンは、そう語った。

「これは毎年の進化の過程だし、限界まで攻めようとしている。そして、とても多くの人々が、それを改善するために一生懸命働いているんだ」

「カナダは僕らが常に、2番目のエンジンを持ち込むレースである。そしてこれは”フェーズ2”だ。全てが新たに改造されている。いたるところで、僅かな改善が施されているんだ」

「それはほんの僅かなステップアップだ。最大の違いは、新品であるということだ。6レースも使われた古いエンジンは、劣化することになる。ただ、チームのみんなが懸命に働いているから、今ではそれは、すごく小さな割合になっている」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、カナダでは激しい戦いをすることになるだろうと語った。

「過去6レース、我々はコーナーでは非常に強かったが、ストレートではタイムを失っていた」

 そうウルフ代表は語った。

「コース特性から言えば、カナダはライバルに対して有利に働く可能性がある。これは我々にとって大きな課題になるだろう。直線が多くあり、そしてラップタイムにおけるコーナーの割合が少ないんだ」

次の記事
クビサの優勝シャンパンボトルは“未開栓”? 裏話をアルファロメオが明かす

前の記事

クビサの優勝シャンパンボトルは“未開栓”? 裏話をアルファロメオが明かす

次の記事

将来の”噂”についてガスリー否定「デタラメで時間を無駄にしたくない」

将来の”噂”についてガスリー否定「デタラメで時間を無駄にしたくない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
チーム メルセデス 発売中 , ウイリアムズ , Racing Point
執筆者 Jonathan Noble