ピレリ、中国GPのタイヤ選択発表。メルセデスは保守的なアプローチに

シェア
コメント
ピレリ、中国GPのタイヤ選択発表。メルセデスは保守的なアプローチに
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
2018/04/04 2:52

F1にタイヤを供給するピレリは、2018年シーズンF1第3戦中国GPへ各チームが持ち込むコンパウンド別タイヤ数を発表した。

 F1にタイヤを供給するピレリは、2018年シーズンF1第3戦中国GPへ各チームが持ち込むコンパウンド別タイヤセット数を発表した。

 2016年と2017年の中国GPでは、持ち込み可能な3種類のタイヤコンパウンドの内にスーパーソフトが含まれていたが、今年はミディアム/ソフト/ウルトラソフトタイヤが中国GPで使用されることとなる。

 各チームが持ち込むコンパウンド別タイヤ数を見ると、メルセデスは慎重なアプローチをとっていることが伺える。ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、ウルトラソフトタイヤを6セットずつ持ち込むが、それは上位3チームの中で最も少ない数となる。またソフトタイヤのセット数において、ハミルトンは全ドライバーの中で最も多い6セットを持ち込む予定だ。

 メルセデスのアプローチと対照的なのはフェラーリだ。セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、ウルトラソフトタイヤを8セット設定している。さらにミディアムは2セット、ソフトに関してはたったの3セットしか持ち込まないようだ。

 レッドブルは、両極端なアプローチをとっているメルセデスとフェラーリの中間型となっている。マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドはウルトラソフトを7セット、一方ソフトタイヤを4セット持ち込む予定だ。

 メルセデスと同じようにウルトラソフトを6セット持ち込むチームはフォースインディアのみである。フォースインディアはミディアムタイヤの持ち込み数を全チームの内で最も多い3セットとしているが、他に同じセット数のミディアムタイヤを用意するのはザウバーのシャルル・ルクレールのみである。

 

Selected sets per driver
Selected sets per driver

Photo by: Pirelli

 
次の F1 ニュース
ワークス復帰以来目覚ましい”回復”。ルノーの先頭争い復帰はいつか?

前の記事

ワークス復帰以来目覚ましい”回復”。ルノーの先頭争い復帰はいつか?

次の記事

【PR】バトン&コバライネンがスーパーGTに参戦する理由

【PR】バトン&コバライネンがスーパーGTに参戦する理由

この記事について

シリーズ F1
イベント 中国GP
ロケーション 上海国際サーキット
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース