ハース、メルセデスPUユーザーにはフェラーリPU批判の”権利ない”と一蹴

シェア
コメント
ハース、メルセデスPUユーザーにはフェラーリPU批判の”権利ない”と一蹴
執筆: Scott Mitchell
協力: Fatema Chowdhury
2018/08/10 3:23

ハースのシュタイナー代表は、これまでパワー面でのアドバンテージを味わってきたメルセデスのカスタマーチームが、フェラーリPUの進歩に不満をいうべきではないと語った。

Haas F1 engineers at work on the grid
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team, on the grid
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Esteban Ocon, Force India VJM11, leads Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18, and Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18

 ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、フェラーリのパワーユニット(PU)がパフォーマンスを上げたことについて、これまでメルセデスPUを使ってパワー面でアドバンテージを得てきたカスタマーチームから、文句を言われる筋合いはないと考えている。

 メルセデスは、2014年から導入されたV6ターボ&ハイブリッドシステム、いわゆる”パワーユニット”が導入された最初の数年間を、文字通り支配してきた。しかしこの2年でフェラーリが大幅にパフォーマンスを上げ、現時点ではメルセデスを上回り、フェラーリPUこそがベンチマークとなったと考えられている。

 フェラーリの進歩は、彼らのカスタマーチームにも良い影響を与えている。ハースとザウバーは中団チームとの争いの中でその序列を上げており、特にハースは”トップ3チーム以外”のトップにつけることも多くなっている。

 シュタイナーは「メルセデスのカスタマーは、過去4年間非常に優れたエンジンを持っていたので、不平を口にすべきではない」とmotorsport.comに語った。

「このエンジン規則になり、もしメルセデスPUを持っていなければ、彼らはどうにもならなかっただろう」

「今やフェラーリがメルセデスを追い抜いた。そして我々はフェラーリPUを持っていることで、誰からも『ああ、君たちは良いエンジンを持っているからね』と評される」

「ああ、その通りだ。だが、彼ら(メルセデスのカスタマー)は過去4年間を我々と同じように過ごしながら、それを利用できなかっただけなんだ。私はどうすればいいんだ? 私は非常に満足している。他の人が満足していなくとも、私に彼らを助けることは出来ない」

 今年、フェラーリPUの進歩が明らかになる前の時点で、すでにハースはフェラーリとの技術的関係について、ライバルたちから疑問を呈されていた。

 2010年にF1に新規参入した3チーム、HRTやヴァージン(後のマルシャ、マノー)、ロータス(後のケータハム)は2016年末までに全て撤退してしまっている。こうした前例を見ながら2016年にF1に参入してきたハースは、フェラーリと技術提携を結び、レギュレーションで許されているパーツの提供を受けている。これにより参戦コストを低下させつつ、競争力を得ているのだ。

「彼ら(2010年に参入した3チーム)が愚かだったというわけではない」とシュタイナーは述べた。

「ただ、F1が難しいスポーツだということだ」

「レギュレーションで認められているので、我々は違う方法を採ってみた。そしてそれは、他のものよりもうまく機能しているようだ。もし誰かが我々のビジネスモデルを真似たとしても、私は問題ない」

「誰もが自由にそうすることができる。それは良いことだ。もしそれがこのスポーツをより良くするのなら、何の問題もない」

 ハースのマシンが”フェラーリのレプリカ”だというコメントにより、チームにどんな影響があるかと問われたハースのドライバー、ロマン・グロージャンは「笑っちゃうよね」と一蹴した。

「僕たちにはフェラーリと良い関係を築けるチャンスがあって、サスペンションやギヤボックス、エンジンの提供を受けている。僕たちにはそういったパーツを製造するリソースもないし、そうしたいとも思っていない」

 シュタイナーも次のように付け加えた。

「もし誰かが我々にうんざりして、何か違法なことをやっていると考えていたとしても、私はそれを気にかけることもない。彼らの中での”事実”が間違っていると確信しているので、我々は全く気にしていないのだ」

 ハースは現在、コンストラクターズランキング5位。4位のルノーとは16ポイント差だ。最高リザルトは、オーストリアGPでグロージャンが獲得した4位となっている。

 そのグロージャンは「(F1参戦から)3年目にコンストラクターズチャンピオンシップで4位を争っているなんて考えている人がいたら、我々も笑ってしまっていただろう。でも、僕たちはそこにいるんだ」と語った。

次の F1 ニュース
ガスリー、ホンダのPU供給能力に太鼓判「2チーム体制になっても問題ない」

前の記事

ガスリー、ホンダのPU供給能力に太鼓判「2チーム体制になっても問題ない」

次の記事

F1の2019年開催カレンダー、今後数週間で発表へ「見合うならリスクも負う」

F1の2019年開催カレンダー、今後数週間で発表へ「見合うならリスクも負う」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース