メルセデスの”F3のような”パフォーマンスは、リヤホイールとは関係なし!?

シェア
コメント
メルセデスの”F3のような”パフォーマンスは、リヤホイールとは関係なし!?
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/30 0:59

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、F1メキシコGPでの苦戦の原因は、新型のホイールスペーサーを使わなかったことが原因ではないと主張する。

 先日行われたF1メキシコGP。ルイス・ハミルトンが2018年のドライバーズタイトルを決めたものの、メルセデスの2台は週末を通じてパフォーマンスに苦労。フェラーリやレッドブルを打ち負かすことができなかった。

 メルセデスは、前戦アメリカGPでも同じように苦戦した。当時のメルセデスは、その新型ホイールに取り付けられたスペーサーがレギュレーション違反なのではないかとライバルチームから指摘されたことで、このスペーサーを使わずにレースに挑んだのだ。

 このホイールのスペーサーには穴が開けられており、新型ホイールの形状と相まって、リヤタイヤのオーバーヒートを避ける働きがあると言われている。このスペーサーを使わなかったことで、アメリカGPでのメルセデスは、リヤタイヤのオーバーヒートに苦労したのだ。

 今回のレースでも苦戦したメルセデスについて、アメリカGPと同様の理由だったのではないかとの可能性が指摘されていた。しかしチーム代表のトト・ウルフ曰く、メルセデスのメキシコGPでの最大の頭痛の種はリヤタイヤではなかったため、ホイールの問題は関係ないと断言する。

「今日最大の問題となったのは、左フロントタイヤだった」

 新型のホイールスペーサーがなかったことで苦戦したのかと尋ねられた際、ウルフ代表はそう語った。

「それ(リヤホイール)とは関係なかった」

 メルセデスはメキシコGPに先立ち、スチュワードに対してホイールとそのスペーサーの合法性を確認し、FIAも”合法である”とお墨付きを与えた。しかしメルセデスはメキシコGPでも、レース後にフェラーリから抗議されることを避けるためにこのスペーサーを使わなかった。

 FIAは次のブラジルGPの前に、この問題に関する技術面での指針を示す可能性がある。

 ウルフ代表は、今季チームは時折苦労してきたとしながらも、メキシコのパフォーマンスは普通ではなかったと認める。ただそんな中でも、ハミルトンが輝きを発揮することで、助けられたと考えているようだ。

「彼は、違いを作り出す要因になってきたと思う」

 ウルフ代表はそう語った。

「我々のマシンは最速だった時もあったが、そうではない時もあった。時には、今回のようにF3マシンのようだった時もある」

「実際にタイヤを交換したところで、1周しか走れなかったとは思わない。しかも我々のマシンがタイヤを酷使したとも思わない。説明できないのだ。我々は説明を求めている。なぜなら、この状況の変化は、とにかく難しいことだからだ」

次の記事
メキシコGPでのバンドーンのパフォーマンスを、マクラーレンが称賛

前の記事

メキシコGPでのバンドーンのパフォーマンスを、マクラーレンが称賛

次の記事

フェルスタッペン、肩の力が抜けてより速く。今季序盤の気負いから脱却

フェルスタッペン、肩の力が抜けてより速く。今季序盤の気負いから脱却
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース