F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

ハミルトンはスタートできるか分からなかった……メルセデスの落ち着かない1日

シェア
コメント
ハミルトンはスタートできるか分からなかった……メルセデスの落ち着かない1日
執筆:
2019/06/12 6:11

メルセデスは、優勝したルイス・ハミルトンのマシンがレース前にはスタートさえできるかどうか分からない状況だったと語った。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)はF1カナダGPで、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と激しいバトルを演じた。ハミルトンは結果的に2位でチェッカーを受けたが、レース終盤のインシデントによりトップチェッカーのベッテルが5秒のタイム加算ペナルティを受けたことで、ハミルトンに優勝が転がり込んだ。

 メルセデス代表のトト・ウルフは、決勝を前にハミルトン車の油圧システムが交換されるなど慌しい週末となったことで、チェッカーの瞬間までハラハラしていたと語った。

「勝利の裏側で、チームはとても厳しい週末を過ごしていた」とウルフは語った。

「彼のマシンはオイル漏れを起こしていたんだ」

「我々はレースができるかどうか、そして仮にできたとしてもフィニッシュできるかどうかが分からなかった。チームの半数がそれに苦しんでいて、見ているだけの者はいなかった。それはとにかくやり遂げる必要のあるものだった」

 フリー走行3回目では、メルセデス製パワーユニット(PU)を搭載するレーシングポイントのランス・ストロールが、エンジンブローによってストップした。このエンジン(ICE)はメルセデスが新たに投入した“フェーズ2”のICEだったため、メルセデスは心配していた。

「ランスのエンジンがブローしたが、我々に直接影響があるかは分からなかった。全体的に最も難しい週末のひとつで、側から見れば全くそんな風には見えないが、非常にタフだった」

 メルセデスは今回のレースで、ワークスチームとカスタマーチームともにアップグレード版のICEを投入していたが、ウルフはストロールの一件によってそれを交換するという考えはなかったようだ。

 カナダGPが行われたモントリオールは気温が高く、多くのチームがブレーキ温度の上昇に苦しんでいたが、結果的にメルセデス勢はトラブルフリーでレースを終えた。

 また、ウルフはレース終盤にもストレスを抱えていたという。それは、トップを走るベッテルに5秒のタイム加算ペナルティの裁定が下った後も、5秒差以内につけていたハミルトンがベッテルをかわそうと接近していたからだ。

「おそらく彼(ハミルトン)は、オーバーテイクをすることで『トラック上でも勝った』と主張したかったのだろう」とウルフは語った。

「ペナルティによって勝つよりはね」

「これが彼の成し遂げようとしていたことだ。ブレーキがオーバーヒートしていたので、私は(ハミルトンの考えに)満足できなかった。ただ、それがレーサーとしての振る舞い、レーサーとしての決断なんだと思う」

次の記事
ハース代表、マグヌッセンへの“公開説教”の真相を説明

前の記事

ハース代表、マグヌッセンへの“公開説教”の真相を説明

次の記事

カナダGPを教訓に……F1、ペナルティ裁定の”透明性”向上に取り組む

カナダGPを教訓に……F1、ペナルティ裁定の”透明性”向上に取り組む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell