F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
24 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
30 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
37 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
51 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
58 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
114 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
142 days

メルセデスはたくさんの問題に見舞われていた? ハミルトンが示唆

シェア
コメント
メルセデスはたくさんの問題に見舞われていた? ハミルトンが示唆
執筆:
2018/10/23 4:05

ルイス・ハミルトンは、メルセデスがアメリカGPで、複数の問題を抱えていたことを明かした。

 ルイス・ハミルトンはアメリカGPの日曜日、メルセデスがウォーターポンプのトラブルを含む複数の問題に直面していたことを明かした。

 メルセデスは日曜日の朝、2台のマシンのウォーターポンプを交換した。これは予選後にバルテリ・ボッタスのマシンに水漏れが見つかり、ハミルトンのマシンにも同じような問題の兆候がデータ上で確認されたためだ。

 結局レースでは、ハミルトンはポールポジションからスタートしたものの、フェラーリのキミ・ライコネンにスタートダッシュで先行され、さらにタイヤのマネジメントにも苦しんだために3位に終わった。

「(1日の初めに)マシンがバラバラになっているのを見た。それはレースにとって理想的ではなかった」

 そうハミルトンは語る。

「おそらく、そういう朝じゃなかったのなら、僕らのレース結果は少し違っていたはずだ」

 ハミルトンはバーチャル・セーフティカーが宣言された際にピットインを行う、2ストップ作戦を敢行した。これはフェラーリに対抗するだけの戦略ではなかったと、ハミルトンは言う。

「でも、もっと対処しなければいけないことがあった。それについて今話しているところだ。それがどのくらいの程度だったかということについてね」

 そうハミルトンは語った。

「レース中、コースにはかなりのデブリが落ちていて、フロアにダメージを負っていた。これら全ての違いを加味しなきゃいけない」

「フロアのダメージは、コンマ数秒だった」

「見つかったばかりの、別の問題もあった。それによって、どのくらいのタイムを失ったのかは分からない」

 ハミルトンはそのトラブルについて詳しくは語らなかったものの、”異常数値”があったと語った。そして彼はペースに苦労し、それを補うためにアグレッシブにタイヤを使ったという。

「僕らは、そのために2ストップレースをせざるを得なかった。それはマシンにとっては理想的ではなかった」

「レースをスタートした時、そういう問題に陥るだろうとは、僕らは知らなかった」

「その問題がなければ、タイヤの件はそれほど大きな問題とはならなかっただろう」

 ハミルトンはレース中に2セットのソフトタイヤを使った。そのいずれもがブリスターに苦しみ、特に第2スティントで履いたタイヤに発生したブリスターにより、タイムを大きく失うことになった。

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、このブリスターは”予期しないものだった”と語った。

「我々には、それが問題になるかもしれないということは分かっていた。しかし、最初のスティントで我々は強さを発揮していた。スーパーソフトを履いた状態では、キミ(ライコネン)の後ろで良い感じだったのだ」

 そうウルフ代表は語った。

「ソフトタイヤに交換した時には、まだコントロールできていた。しかしルイスがペースを上げると、タイヤにブリスターができ始めた」

「我々がここでは、状況に合っていないと認識し始めた瞬間だった」

 テクニカルディレクターのジェームス・アリソンは、アメリカGPの週末にドライコンディションでの走行を満足に行うことができなかったのが、タイヤに苦しんだ原因だったと示唆する。

「我々は通常、今回よりも満足できる形でマシンを走らせることができる。しかし、金曜日に走れなかったことで、今日経験した問題を予見することができなかった」

 そうアリソンは語る。

「無常にも、それは今日、突然発覚した。そして失望の結果に繋がったのだ」

次の記事
ハミルトン「フェルスタッペンに十分スペース残した」2位争い振り返る

前の記事

ハミルトン「フェルスタッペンに十分スペース残した」2位争い振り返る

次の記事

ハッキネン、サウンド・オブ・エンジンで鈴鹿再登場

ハッキネン、サウンド・オブ・エンジンで鈴鹿再登場
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アメリカGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
執筆者 Scott Mitchell