アルボンのウイリアムズ加入、レッドブルと“縁切り”が条件に? メルセデス代表「それなら喜んで共に働く」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、2022年にウイリアムズ加入が噂されているアレクサンダー・アルボンについて、レッドブルとの契約から開放されているならば歓迎すると語った。

アルボンのウイリアムズ加入、レッドブルと“縁切り”が条件に? メルセデス代表「それなら喜んで共に働く」

 2022年にウイリアムズ加入が噂されている、アレクサンダー・アルボン。同チームにパワーユニットを供給しているメルセデスのトト・ウルフ代表は、現在レッドブルとの契約下にあるアルボンが、その契約から開放されるなら、加入することを歓迎できると考えている。

 2022年シーズンに向け、各F1チームの陣容が出揃いつつあるが、現在注目を浴びているのがキミ・ライコネンの引退に伴いシートが空くアルファロメオと、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍が噂されているウイリアムズだ。

Read Also:

 9月上旬、レッドブルは現在テスト/リザーブドライバーを努めているアルボンに、アルファロメオとウイリアムズから関心が寄せられていると明らかにした。今シーズンはレギュラーシートを失ってしまっていたアルボンに、F1復帰のチャンスが巡ってきた格好だ。

 ただウイリアムズの候補には、メルセデスのフォーミュラEチームに所属するニック・デ・フリーズの名も浮上している。

 そしてレッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、アルボンがウイリアムズ行きを希望しているものの、同チームがメルセデス製パワーユニットを使用していることから、彼らがレッドブルのドライバーであるアルボンの加入を拒否することを恐れていると語った。

 motorsport.comはメルセデス代表のトト・ウルフに対し、レッドブルと繋がりのあるドライバーがメルセデスPUでレースをすることがどの程度の問題になるかを訊いた。すると彼はそれが“難しい問題”だと認めた。

「パワーユニットについてはひとつのトピックではある。そしてアルボンについては、この間話したように彼はF1に値するドライバーだ」と、ウルフは言う。

Alexander Albon, Red Bull Racing RB15

Alexander Albon, Red Bull Racing RB15

Photo by: Red Bull Content Pool

「だがメルセデスのパワーユニットを使うマシンに、100%レッドブルのドライバーを乗せるのは難しい。だから我々は、彼がレッドブルの契約から自由になった場合に限り、彼と共に喜んで働く」

「一方で、我々はニック・デ・フリーズもサポートしている。言うまでもなく彼はウイリアムズとシートについて話をしている。つまり、ボールは宙に浮いている状態なんだ」

 しかしホーナーはオランダGP初日の段階で、アルボンが“移籍しないように”という電話を4回も受けたと語っている。ウルフ代表はこの件について、アルボンのウイリアムズ移籍を思いとどまらせようとはしていないと否定している。

「アレックス・アルボンは、メルセデスのジュニアプログラムを運営しているグウェン・ラグルーと定期的に連絡をとっている」

「彼らは戦略部門トップのジェームス・ボウルズと、来年のチャンスについて話し合っていた」

「私は、彼がああしろ、こうしろと話をされたとは思わない。ただアレックスと彼らとの間で、ニックと彼のための平和的な方法で可能性を探っていただけだ」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
アルファロメオ代表、来季のルーキー起用に慎重な姿勢「新レギュレーションよりも、走行テストの少なさが問題」
前の記事

アルファロメオ代表、来季のルーキー起用に慎重な姿勢「新レギュレーションよりも、走行テストの少なさが問題」

次の記事

バルテリ・ボッタス、今季限りでメルセデス離脱。アルファロメオと複数年契約

バルテリ・ボッタス、今季限りでメルセデス離脱。アルファロメオと複数年契約
コメントを読み込む