メルセデスF1「こんなにリラックスしたボッタス、見たことがない」アルファロメオでの複数年契約の効果テキメン?

メルセデスF1のアンドリュー・ショブリンは、アルファロメオへの移籍が決定して以降のバルテリ・ボッタスについて「今ほどリラックスしているのは見たことがない」と語っている。

メルセデスF1「こんなにリラックスしたボッタス、見たことがない」アルファロメオでの複数年契約の効果テキメン?

 メルセデスF1のトラックサイド・エンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、バルテリ・ボッタスがアルファロメオ移籍決定後はかつて無いほどにリラックスしていると考えている。

 ボッタスは2017年にメルセデスへ加入し、ルイス・ハミルトンのチームメイトとして長く戦ってきた。しかし2022年に向けて、チームは現ウイリアムズのジョージ・ラッセルの起用を決定。ボッタスはトップチームのシートを失うことになった。

 そのボッタスは、アルファロメオへ移籍し、新天地での戦いに身を投じることを選んだ。メルセデスでは単年契約しか結べていなかったボッタスだが、アルファロメオでは複数年契約を結ぶことに成功した。

 そしてアルファロメオとの契約が発表されて以来、ボッタスはパフォーマンスを上げてきているように見える。発表直後のトルコGPでは勝利を収め、イタリアGPとブラジルGPのスプリント予選レースではどちらもトップチェッカー。ポールポジションも3回獲得している。

Read Also:

 ボッタス自身も、アルファロメオとの複数年契約によって「肩の荷が降りたように感じられた」と認めており、単年契約を繰り返すことの影響がこれまでもあったかも知れないと語っていた。

 そして、ショブリンはボッタスの変化について訊かれると、今以上にリラックスしたボッタスの姿は見たことが無いと認めた。

「常にバルテリには速さが備わっていた」と、ショブリンはSky Sports F1に語った。

「彼が話していたように、自らの将来が分かっていること、長期契約を手にしていることは、極めて大きな意味があると思う」

「彼は単純に走っているだけだ。愛するレースを、上手く機能するマシンでね。彼は非常に楽しんでいるし、我々としても今のようにリラックスしているバルテリは見たことがない」

「彼は素晴らしい仕事をしてくれている。だから我々としても嬉しく思っている」

 ボッタスは初開催となったF1第20戦カタールGP初日のFP2でも、チームメイトのルイス・ハミルトンに差をつけてトップタイムを記録。土曜日のFP3でも最速タイムをマークしており、好調が続いている。

 ショブリンはボッタスの速さを認めつつ、初日は苦戦気味だったハミルトンも2日目以降は合わせこんでくるだろうと予想した。

「バルテリは1周でも速いし、ロングランでも非常に優れていた」とショブリン。

「そしてマシンが上手く機能しているなら、ルイスも上手く機能させていくことができるだろう。そういった点では、我々にとっては励みになる金曜日だった」

「我々にとって、ここは知らないサーキットなんだ。シミュレーション作業はしっかりして、実際にマシンを走らせる。そして大きな問題となるのは、シミュレーションと実際のサーキットで(データが)一致してくるかということだ」

「マシンは上手く機能している。正直に言って、我々の予想していたようになっている。バルテリも本当に強力な1日を過ごしていた。つまり全体として、我々は満足しているということだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
F1カタールFP3速報:ボッタスがトップ。フェルスタッペン3番手、角田裕毅10番手
前の記事

F1カタールFP3速報:ボッタスがトップ。フェルスタッペン3番手、角田裕毅10番手

次の記事

F1カタールGP FP3:メルセデスがワンツー! フェルスタッペンとガスリーが続く。角田裕毅は10番手と好調さ見せる

F1カタールGP FP3:メルセデスがワンツー! フェルスタッペンとガスリーが続く。角田裕毅は10番手と好調さ見せる
コメントを読み込む