F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

メルセデスF1の新車W12、最新版フロアは公開されず「ライバルにコピーされては困る」

メルセデスは2021年マシン『W12』のフロアに関して、ライバルチームにコピーされないためにデザインを隠していることを明かした。

メルセデスF1の新車W12、最新版フロアは公開されず「ライバルにコピーされては困る」

 3月2日、メルセデスは2021年シーズンのF1を戦うニューマシン『W12』を発表した。しかし、そのフロア部分は今季の新規則に沿って最適化されていないように見えていたが、メルセデス側はこの事実を認め、現在は最新バージョンのデザインを隠していることを明らかにした。

Read Also:

 F1は今季からフロアに関する規則を変更。増大し続けるダウンフォースを抑えてタイヤへの負荷を軽減するため、リヤタイヤ直前のフロアの面積が減らされることとなり、パフォーマンス向上のために“穴”を設けることも制限された。

 2021年シーズンは、各チームが今回の規則変更によって失われたダウンフォースをどのようにして取り返すかが鍵になってくると思われる。そのため、多くのチームがフロアの開発について秘密主義を貫いてきた。

 メルセデスもその流れに追従しており、今回公開されたW12の画像では最新のフロアは反映されていないという。メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンはこれについて次のように語った。

「我々がお見せしていないのは、フロアの後端部分だ」

「このエリアは新しい規則の影響を最も受ける箇所で、これによってマシンの性能を下げることが目指されている。そこには空力的なこだわりがたくさんあり、まだ世界に向けて公開する準備をしていない」

「それはまだ完成していないということではなく、ライバルに見せたくないということだ。ライバルが同じようなものを風洞に入れるということを避けたいのだ」

「ライバルの動向を注視しているので、彼らが何を見ようとしているかは分かっている。我々はそれを見せる必要がないので、見せなかった」

 フロアこそ最新仕様を明らかにしなかったメルセデスだが、昨年型と比べて変更されている点はいくつか見受けられており、特にエンジンカバーの膨らみが目立っていた。アリソンはこれを“セクシーな膨らみ”と表現し、次のように述べた。

「一目見ただけではあまり分からないだろう。色んな点で馴染みのある見た目だ」とアリソン。

「昨年と同じモノコック、昨年と同じギヤボックスを使っている。多くのものが昨年と同じ構造を使っている」

「しかしよく見てみると、大きく違っている部分がいくつかある。サイドポッドもそうだし、エンジンカバーにはセクシーな膨らみがあるのが見えるだろう。ここには、パワーユニットの馬力を増やすためにHPP(ハイ・パフォーマンス・パワートレインズ)のスタッフがしてくれた仕事が隠されている」

「そしてマシン全体を見てみよう。新しい装いで、空力的な装飾もある。これが成功を収めるマシンとなることを願っている」

 アリソンはメルセデスが8年連続のダブルタイトルを目標にしている中で、ライバルが迫ってくる可能性があることも認識している。

「目の前に迫っていることにワクワクしているが、同時に不安もある」

「レギュレーションは細かい部分で色んな変更があったが、パフォーマンスの観点からはマシンに“罰”が与えられた状態となる」

「パフォーマンスを取り返すためにライバル以上に十分な仕事が出来ただろうか? それはまだ誰にも分からないし、とても気になることだ。だからこの時期はとても不安になるんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1新車”雑感”解説:メルセデスW12。エンジンカウルの膨らみの意味は?

前の記事

F1新車”雑感”解説:メルセデスW12。エンジンカウルの膨らみの意味は?

次の記事

スズキ戴冠後にアルピーヌF1へ移籍……「断っていれば後悔しただろう」とダビデ・ブリビオ

スズキ戴冠後にアルピーヌF1へ移籍……「断っていれば後悔しただろう」とダビデ・ブリビオ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble