メルセデス、ハミルトンとの契約延長はまもなく? 示唆する投稿をSNSに発信

メルセデスはSNSに、ルイス・ハミルトンとの契約延長がまもなく締結されることを示唆する内容の投稿を行なった。

シェア
コメント
メルセデス、ハミルトンとの契約延長はまもなく? 示唆する投稿をSNSに発信

 メルセデスは、ルイス・ハミルトンとの契約延長がまもなく締結されるとSNSに投稿した。

Read Also:

 先日最終戦が行なわれた2020年のF1。来シーズンのシートは、ふたつを残して全て決まっている状態だ。しかしその残るふたつのシートが、メルセデスとレッドブルというトップチームのモノであるのが、例年とは違うところだ。

 ハミルトンは2020年のドライバーズタイトルを獲得。これにより、ミハエル・シューマッハーが持っていた7回のタイトル獲得という史上最多記録に並ぶことになった。ただ、ハミルトンとメルセデスの契約は2020年シーズン限りで切れることになっており、今後の去就について注目が集まっていた。

 そのハミルトンは最近、クリスマスまでに新しい契約をまとめたいと語っていた。そしてメルセデスもSNSで、ハミルトンとの契約がまもなくであると示唆する投稿を行なった。

 メルセデスはこの投稿で、次のようなハミルトンのコメントを引用している。

「来年もここにいる予定だ。来年もここにいたい」

「僕らはチームとして、このスポーツについても、そしてこのスポーツ以外のことについても、一緒にやるべきことがまだたくさんあると思う」

 すでにバルテリ・ボッタスはメルセデスと来季の契約を結んでいるため、ハミルトンとの契約がまとまれば、チームの2021年の体制は完成するということになる。ただ契約締結前にも関わらず、FIAが先日発表した2021年のエントリーリストには、ハミルトンの名がメルセデスの一員をして記載されていた。

 またレッドブルは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスと契約したことを、18日(金)にも発表するとみられている。

 

Read Also:

2021年F1デビューの角田裕毅、カーナンバーは”22”に決定

前の記事

2021年F1デビューの角田裕毅、カーナンバーは”22”に決定

次の記事

ミック・シューマッハーのF1デビューに「“父の悲劇”を思い出す」とロス・ブラウン

ミック・シューマッハーのF1デビューに「“父の悲劇”を思い出す」とロス・ブラウン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Andrew van Leeuwen