「ホンダは最後に挑戦してくるはず」メルセデス代表、レッドブル&ホンダの来季躍進を警戒

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、2021年シーズンでF1活動を終了するホンダがレッドブルのために最後にパワーユニットを大きく向上させてくると考えているため、油断できないと語った。

「ホンダは最後に挑戦してくるはず」メルセデス代表、レッドブル&ホンダの来季躍進を警戒

 F1の2020年シーズンはメルセデスが圧倒的な強さを示しており、第13戦エミリア・ロマーニャGPでコンストラクターズタイトルの獲得を決定した。彼らは既に2021年シーズンに開発の焦点を移しており、来年も競争力を発揮してくるだろうと予想されている。

Read Also:

 ただライバルであるレッドブルがシーズン後半になってパフォーマンスを上げ、マックス・フェルスタッペンがメルセデス勢に食らいついていることからも、レッドブルのペースが向上してきていることは確かだ。

 そしてメルセデスのトト・ウルフ代表は2021年シーズンに向けて、レッドブルというライバルの躍進を心配している。2021年限りでパワーユニット供給を終了するホンダが来年、大きく改善された新型PUを投入して強さを増してくると考えているからだ。

「今シーズンは我々が最もギャップを築いた強いシーズンだったと言うこともできるかもしれないが、我々は常に心配している」

 レッドブルの躍進を心配しているかという問いに、ウルフ代表はそう答えた。

「マックス(フェルスタッペン)も素晴らしい仕事をしている。彼はおそらくマシンの実際の力以上のものを引き出している。毎週末、彼はメルセデスに指先でしがみついている、そういった既視感がある」

「来年、ラストシーズンだからホンダは挑戦してくると私は思っている。レッドブルもやる気に溢れているはずだ。もちろん、マックスもだ」

 なおレッドブルは2022年以降に使用するパワーユニットについて、ホンダのプロジェクトを引き継いで使用することを希望している。ただその前提として彼らが求めているPU開発凍結については、ルノーとフェラーリが反対の姿勢を示しており、実現するかは不透明な状況だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
対フェルスタッペンなら仕方ない? ボッタス、ハミルトンとの戦略の違いに納得

前の記事

対フェルスタッペンなら仕方ない? ボッタス、ハミルトンとの戦略の違いに納得

次の記事

角田裕毅、F1マシンを初テスト。350km走破の充実したセッションは「楽しかった!」

角田裕毅、F1マシンを初テスト。350km走破の充実したセッションは「楽しかった!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble