メルセデス、再審請求の却下を歓迎。ハミルトンへの”個人攻撃”に「終止符が打たれることを願う」

メルセデスは、イギリスGPでの接触に関する再審理が却下されたことで、ルイス・ハミルトンの評価を下げようというレッドブルの”協調的な試み”が終わることを期待していると声明を発表した。

メルセデス、再審請求の却下を歓迎。ハミルトンへの”個人攻撃”に「終止符が打たれることを願う」

 F1第10戦イギリスGPのオープニングラップで発生した、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の接触は、レッドブルによる再審請求まで発展したが、FIAがこれを却下した。

 ハミルトンはフェルスタッペンとの接触で10秒のタイム加算ペナルティを受けたが、レースでは挽回し勝利を収めた。ペナルティが不十分だと怒りを爆発させたレッドブルは、事故の再検証を要求。より厳しいペナルティを求めた。

 しかし木曜日にハンガリーで行なわれたヒアリングで、FIAはレッドブルから提出された新証拠は重要ではなく、問題に関連していないと判断した。

 これにより、問題となっていたクラッシュを巡る騒動は表向き、終結した形となった。メルセデスはFIAの裁定を受けて声明を発表。その中で、レッドブルが”ハミルトンの名声とスポーツに対する誠実さ”を傷つけようとしてきたと強調した。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーや、モータースポーツ・アドバイザーのヘルムート・マルコは、クラッシュ直後からハミルトンを猛批判。ホーナーはハミルトンの行動が”必死”でアマチュアのようだったとコメント。マルコはハミルトンは1レースの出場停止に値すると非難した。

 またフェルスタッペンも、レース後のハミルトンの振る舞いを無礼だったと評し、より厳しいペナルティが必要だったと繰り返し主張した。

「メルセデスAMGペトロナスF1チームは、レッドブル・レーシングの再審請求を拒否したスチュワードの決定を歓迎する」と、メルセデスは声明を発表した。

「このインシデントを終結させることに加えて、不成功に終わった再審請求のために提出した書類を含め、レッドブル・レーシングの上層部による『ルイス・ハミルトンの名声とスポーツの品位に傷をつけようとする協調的な試み』に、終止符が打たれることを願っている」

「我々は、今週末のレースを楽しみにしており、2021年のFIA F1世界選手権に向けての厳しい競争を続けていく」

 レッドブルは証拠書類と一緒に手紙をFIAに提出したが、その内容は不明だ。スチュワードの裁定では、手紙の中の”とある主張”について”ある程度の懸念”があると指摘されていたが、再審請求が却下されたため、その件についてはコメントしないとしている。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
いなくなるのは惜しいけど……ウイリアムズCEO、ラッセルがメルセデス昇格なら「全面的に応援する」

前の記事

いなくなるのは惜しいけど……ウイリアムズCEO、ラッセルがメルセデス昇格なら「全面的に応援する」

次の記事

セルジオ・ペレス、2022年レッドブル残留に自信「他のチームを探す理由は何もない」

セルジオ・ペレス、2022年レッドブル残留に自信「他のチームを探す理由は何もない」
コメントを読み込む