F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

オーストリアで弱点露呈のメルセデス。冷却能力の改善は”待ったなし”?

シェア
コメント
オーストリアで弱点露呈のメルセデス。冷却能力の改善は”待ったなし”?
執筆:
2019/07/03 10:33

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームにとって今年のマシンW10の冷却問題解決が急務であると語った。

 F1第9戦オーストリアGP決勝で、マシンのオーバーヒートに苦しんだメルセデス。昨年から続いていたチームの連勝記録が、10勝で途切れることとなった。

 それは、ヨーロッパを襲った熱波が一因だったと言っても良いだろう。メルセデスは、冷却能力”最大”のセットアップでレースに臨んだものの、冷却が追いつかずにフルパワーで走ることが出来なかった。

 ラップタイムを上げられず、パワーユニットを冷やすためにリフトアンドコースト(ストレートエンドで早めにアクセルをオフすること)を強いられたメルセデスは、バルテリ・ボッタスが3位。ルイス・ハミルトンはフロントウイングのダメージにも見舞われ、5位に終わった。

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、気温34〜35度という異常な高温と、レッドブルリンクが標高660mに位置することが問題を引き起こしたものの、温度のコントロールが開幕当初からの問題だったと明かした。

「それが我々のアキレス腱だということは分かっていた。シーズンの初めからその問題を抱えていたんだ」

「パフォーマンスの低下を軽減するために努力はしたが、見守るのが苦痛だった。クルージングしていたため、防御することも攻撃することもできなかった」

 どれくらい余裕が残っていたのかとmotorsport.comが訊くと、ウルフは「我々はまさに限界だった。あれ以上なにもすることができなかった」と答えた。

「我々の対策は、すでにパフォーマンスの面で非常に痛手だった。それ以上のステップは残されていなかったんだ」

「次のステップは、ボディワークを全部取り除くことくらいだった。もちろん、スポンサーがそれを好むわけはないから、現実的な選択肢ではなかったね!」

「我々はエンジンの出力を落としていて、400メートルはリフトアンドコーストしていた。スロットル全開にはほとんどしていなかったと思う」

「マシンのペースをポジティブに考えれば、それでもまだかなり良いラップタイムを記録することができたということだ。優勝争いをするチャンスはあったと思うが、冷却の問題によって制限されていた」

「もう少し良い結果を残すことを期待していた。マックス(フェルスタッペン/レッドブル)がスタートで失敗し、我々が2番手と3番手につけていた時、私はそれが最善のシナリオだと考えていた。私が期待していたのは2位と4位だったから、3位と5位はそれよりも少し悪い」

 6月28日(金)には、フランスで観測史上最高となる45.9度まで気温が上昇する異常事態に陥っているヨーロッパ。ウルフは、今後数週間以内に問題を解決しなければならないと認めた。

「まず、(次戦)シルバーストンでは典型的なイギリスの天気になることを望んでいる。そうすれば、問題を解決する時間を稼ぐことができる」

「ホッケンハイムやブダペストなど、暑くなると予想されるレースまでに問題を解決する以外に選択肢はない。問題はそれをどうやってやるかではなく、できるかどうかなんだ。だが我々は対応する。他に選択肢はないんだ」

次の記事
イギリスGPのタイヤ選択リストが明らかに。リカルドはミディアム1セットのみ

前の記事

イギリスGPのタイヤ選択リストが明らかに。リカルドはミディアム1セットのみ

次の記事

レッドブル、オーストリアで速さを発揮も……その理由は“完全には”分かっていない?

レッドブル、オーストリアで速さを発揮も……その理由は“完全には”分かっていない?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper