ダウンフォースを削ったレッドブル、”削れなかった”メルセデス。ウルフ代表「単純にペースが負けている」

メルセデスのトト・ウルフは、レッドブルのようにダウンフォースを削る方針を採ったとしても、F1フランスGP予選で好結果を残せたとは考えていないようだ。

ダウンフォースを削ったレッドブル、”削れなかった”メルセデス。ウルフ代表「単純にペースが負けている」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1フランスGPの予選でポールポジションを獲得。これまでメルセデスが圧倒的な強さを見せてきたポール・リカールで、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出ることに成功した。

 両者の予選でのベストセクタータイムを比較すると、セクター1ではハミルトンの方が0.031秒速かった。ただセクター2、セクター3ではフェルスタッペンがそれぞれ0.128秒、0.161秒の差をつけた。セクター2はミストラル・ストレートを含む直線成分の多いセクターであり、セクター3は中高速コーナーの多い区間となる。

Read Also:

 今回レッドブルは、低ダウンフォース・低ドラッグのリヤウイングを選択。セクター3のコーナリング区間でメルセデスを上回る速さが発揮できるだけのダウンフォース量を確保しながらも、ストレートスピード向上に成功したようだ。

 一方のメルセデスのトト・ウルフ代表は、フェルスタッペンがトップスピード向上のアドバンテージを得ていると認めつつも、自分たちがダウンフォースを削ったとしても、タイムが速くなったとは考えていないようだ。

「シミュレーションを見る限り、我々としてはそれ(低ダウンフォース仕様)は遅いバージョンだったと信じている」

 ウルフはそうSky Sports F1に語った。

「彼らが直線で速かったのは見ただろう。もし我々が低ダウンフォースのウイングを装着していたら、コーナーでさらに多くのタイムを失っていただろう」

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

Lewis Hamilton, Mercedes W12

Lewis Hamilton, Mercedes W12

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、メルセデスとのリヤウイングの違いが、アタックでのペースの差につながったと考えている。

「我々はクルマのダウンフォースを少し削ったんだ。メルセデスとリヤウイングの大きさを比べれば分かるだろう」と、ホーナーはSky Sports F1に話した。

「我々はセクター2をより少ないエネルギーで走れるようになった。ストレートでの空気抵抗が少なくなって、ストレートが速くなったんだ」

「セクター3でも非常に良いタイムが出せるようマネジメントできたので、競争力のあるラップタイムを出すことができた。レースでも良い結果が得られることを期待している」

 ウルフは、ダウンフォースレベルに関わらずレッドブルに比べてペースが不足していることが、メルセデスにとっての問題だと語った。

「難しい週末になっているのは、我々がペースを失っているからだ。それが真実なんだ」

「最終的にもっと悪い結果になるかとも思っていた。だが我々はあらゆるところで前進しなければならない。ゲームを改善するために、見ていないエリアはひとつもない」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ピエール・ガスリー、母国フランスの予選でも絶好調「僕らの弱点はレースペース……決勝では立ち位置を確認したい」

前の記事

ピエール・ガスリー、母国フランスの予選でも絶好調「僕らの弱点はレースペース……決勝では立ち位置を確認したい」

次の記事

前戦優勝のセルジオ・ペレス、F1フランスGP予選では4番手「ミスで理想的なアタックできず……でも僕の”長所”は決勝」

前戦優勝のセルジオ・ペレス、F1フランスGP予選では4番手「ミスで理想的なアタックできず……でも僕の”長所”は決勝」
コメントを読み込む