F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
20 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
34 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
69 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
83 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
104 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
118 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
125 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
139 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
153 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
181 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
188 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
202 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
209 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
223 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
237 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
244 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
258 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
272 days

メルセデスは“ギャンブル”に成功した……フェラーリ代表、予想外のタイヤ寿命に驚き

シェア
コメント
メルセデスは“ギャンブル”に成功した……フェラーリ代表、予想外のタイヤ寿命に驚き
執筆:
2019/10/30 2:33

フェラーリ代表のマッティア・ビノットは、メキシコGPでメルセデスが“正しいギャンブル”をしたことを認めた。

 サマーブレイク以降、予選を中心に高いパフォーマンスを見せているフェラーリ。それはF1第18戦メキシコGPも例外ではなく、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)のグリッド降格も相まってフロントロウを独占。第1スティントではワンツー体制を維持した。

 しかし、ルクレールは2ストップ作戦を採ったことが裏目に出てトラックポジションを失った。一方のベッテルはミディアム→ハードの1ストップ作戦を採ったものの、同じく1ストップのハミルトンよりもピットインを遅らせたことで、コースに復帰した際にはハミルトンの後ろに下がってしまった。

 そしてレースは最終的にベッテルが2位、ルクレールが4位に終わった。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノット曰く、1ストップが優れた作戦だと気付いたのが、かなり遅かったようだ。

「シャルルがピットに入った時は、1ストップというギャンブルをするには早すぎるタイミングだったし、彼が先頭に立っていたことを考えてもそれ(ギャンブル)はリスキーだと考えていた」とビノットは語った。

「タイヤのデグラデーション(性能劣化)や摩耗を考えても(1ストップ作戦はギャンブル)だ。それはデータを確認して、分析して分かっていたことだ」

「確かに彼ら(メルセデス)がしたギャンブルは正しいものだった。彼らは勝つためにリスクを冒したが、我々ももっとリスクを恐れずに戦うべきだったのかもしれない」

「ただ、難しい判断だった。結果を見てあれこれ言うのは簡単だ」

 ルクレールは2ストップ作戦が仇となって順位を落としたが、ベッテルはハミルトンと同じ1ストップだった。しかし、先にピットインしたハミルトンがプッシュしたことで、仮にベッテルが翌周に入ったとしてもポジションを守れない状況となってしまっていた。つまりハミルトンは“アンダーカット”を成功させたわけだ。

「もし彼(ベッテル)が次の周に入ったとしても、(ハミルトンの)後ろになっていただろう」とビノットは続けた。

「なぜならハミルトンは、最初のセクターの時点で逆転に十分な速さで走っていたからだ」

「だからこそ、我々にできる最善の方法はステイアウトすることだった。最後のスティントでフレッシュなタイヤを履いてアドバンテージを得るためにもだ」

 ハミルトンはベッテルよりも14周早くハードタイヤにスイッチしたにも関わらず、ハードタイヤで47周を走りきり、1ストップ作戦を成功させた。なお、パンクによって序盤にピットインしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に至っては、実に66周をハードタイヤで走破している。

 ビノットは最後にこう付け加えた。

「金曜、土曜の段階では、この(ハード)タイヤがこんなにも長くもつとは思っていなかった」

「誰もが非常に驚いたと思う。早めにピットインしたドライバーでさえ、ギャンブルをしたんだ。彼らも当初はそれを意図していなかったと思う」

Read Also:

次の記事
Q2タイヤ使用義務撤回&スタート練習の制限……F1レース改革はどうなる?

前の記事

Q2タイヤ使用義務撤回&スタート練習の制限……F1レース改革はどうなる?

次の記事

フェルスタッペンが王者になるために……ロス・ブラウン「ミスから学べ」と助言

フェルスタッペンが王者になるために……ロス・ブラウン「ミスから学べ」と助言
コメントを読み込む