F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

メルセデス、ミディアムを最多の4セット持ち込み。ベルギーGPタイヤ選択リスト

シェア
コメント
メルセデス、ミディアムを最多の4セット持ち込み。ベルギーGPタイヤ選択リスト
執筆:
翻訳:: 戎井健一郎
2019/08/10 6:05

F1タイヤサプライヤーであるピレリが、ベルギーGPのタイヤ選択リストを公開した。

 F1のタイヤサプライヤーであるピレリが、第13戦ベルギーGP(8月30日〜9月1日)における各チームのタイヤ選択リストを公開した。

 C1〜C5という5種類のコンパウンドの内、今回はC1、C2、C3の3種類が持ち込まれ、順にハード、ミディアム、ソフトと呼ばれる。これはバーレーンGP、スペインGP、イギリスGPと同様の組み合わせであり、最も硬い組み合わせでもある。

 以上3種類のタイヤの中からチームは13セットを選択する(その内ソフト、ミディアム、ハードがそれぞれ1セットずつ指定)が、ほとんどのチームが似たような組み合わせとなっている。フェラーリ、レッドブル、ルノー、ハースの4チームはソフト10、ミディアム2、ハード1というチョイスで、レーシングポイント、アルファロメオ、トロロッソの3チームはソフト9、ミディアム3、ハード1という内訳となった。

 その中で個性的な選択をしてきたのがメルセデス。彼らはソフトの持ち込みが最少の8セットにとどまり、ミディアムタイヤを4セット選択してきた。彼らが予選、決勝でどういった戦略をとってくるかに注目だ。また、マクラーレンのランド・ノリスもメルセデスと同様の組み合わせをチョイスした。

 なお、ウイリアムズのロバート・クビサは全20台の中で唯一ハードタイヤを2セット選択している。

Selected sets per driver

Selected sets per driver

Photo by: Pirelli

次の記事
ボッタス、メルセデス離脱に備えた“プランB”を模索も「ナーバスではない」

前の記事

ボッタス、メルセデス離脱に備えた“プランB”を模索も「ナーバスではない」

次の記事

ハンガリー予選で光る走り見せたラッセル、チームに“ダイナミックさ”が必要と指摘

ハンガリー予選で光る走り見せたラッセル、チームに“ダイナミックさ”が必要と指摘
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Pablo Elizalde