メルセデス、革新的ステアリング”DAS”の存在を認める。合法性に自信

メルセデスは、F1プレシーズンテスト2日目にデビューした新しいステアリングシステム、”DAS”の合法性を確信しているようだ。

メルセデス、革新的ステアリング”DAS”の存在を認める。合法性に自信

 スペインのカタルニア・サーキットで開催されているF1プレシーズンテスト2日目、メルセデスは新車W11に斬新なステアリングシステムが搭載されていることを認めた。

 テスト2日目午前の走行を担当したルイス・ハミルトンの走りを映したオンボード映像で、そのシステムの存在が明らかとなった。ステアリングホイールが前後に動き、フロントホイールのトー角が変化していたのだ。

 フロントホイールのトー角を走行中にコントロールできれば、理論的にはコーナーでのセットアップを改善し、ストレート走行時の抵抗を減らすことが可能となる。

Read Also:

 メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、このシステムが”DAS”(デュアル軸ステアリング)と呼ばれていることを明かした。

「我々のマシンには、あるシステムが搭載されている。これは斬新なアイデアだ」

 そうアリソンは語った。

「それには名前があって、DASと呼ばれているんだ。それは、ステアリングに新たな軸を追加しただけなんだ。我々はそれが、1年を通じて役立つことを願っている」

「しかし正確にはどう使用するのか、なぜ使用するのかは秘密だ」

 DASの合法性は、その存在が明らかとなった直後から疑問視されていたが、アリソンはFIAがその使用方法を認識していると強調した。

「これは、FIAにとってニュースではない。我々はしばらくの間、彼らとそれについて話し合ってきた」

「レギュレーションでは、ステアリングステムに関して許可されるものが非常に明確にされている。このシステムは、それらの要件全てに一致すると確信している」

 ハミルトンは、午前のセッションでDASを使いこなし、理解しようと試みていたと述べ、安全上の懸念はなかったと話した。

「安全面では問題なかった。FIAはこのプロジェクトをOKしているんだ。チームが常に革新を続け、ゲームをリードし続けているところを見ると、とても励みになる。それが機能することを願っている」

 アリソンは、DASはメルセデスの新車W11に搭載された、多くのイノベーションのひとつに過ぎないと述べた。

「我々がトラックに持ち込んだ新しいマシンは、イノベーションに満ちているんだ」

「それらはDASのように目に見えるようなシステムではないだけだ。毎年これらの革新的なシステムを実際に使えるよう、十分な速度で学習を進めているチームの一員であることを、とても誇りに思う」

「DASは楽しいシステムだが、クルマに搭載されたモノの氷山の一角に過ぎない」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスの秘密兵器が判明? ”謎のモード”でステアリングが前後に動く!

前の記事

メルセデスの秘密兵器が判明? ”謎のモード”でステアリングが前後に動く!

次の記事

ホンダPU勢、テスト2日目は2台で281周走破「多くのデータを得られた」

ホンダPU勢、テスト2日目は2台で281周走破「多くのデータを得られた」
コメントを読み込む