F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
24
:
32
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

「眠っていたんじゃないか?」チームの戦略を、ボッタス痛烈に批判

シェア
コメント
「眠っていたんじゃないか?」チームの戦略を、ボッタス痛烈に批判
執筆:
, Grand prix editor

F1 70周年記念GPで3位に終わったメルセデスのバルテリ・ボッタスは、チームの戦略を批判。「時々眠っていたんじゃないか?」と辛辣な言葉を浴びせかけた。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1 70周年記念GPでタイヤに苦しみ、最終的には3位に終わった。しかし、チームメイトのルイス・ハミルトンにも負ける形で終わったレースでの戦略について、チームを批判した。

 ポールポジションからスタートしたボッタスは、スタートを無難に決め、レース序盤をリードしていた。当初はハミルトンとランデブー体制を組み、3番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を引き離しにかかった。今回もメルセデスの圧勝か? そんな雰囲気すら流れた。

 しかしミディアムタイヤでスタートしたメルセデスのふたりのペースは徐々に衰えていき、ハードタイヤでスタートしたフェルスタッペンに詰め寄られることになってしまう。

 チームはたまらずふたりのドライバーをピットに呼び戻し、ハードタイヤに交換。しかしペースが低調なのは相変わらずで、まだタイヤを交換しておらず、その時点で首位に立っていたフェルスタッペンに徐々に引き離されてしまうこととなった。ボッタスとハミルトンのタイヤには、激しいブリスターができていたのだ。

 フェルスタッペンもその後ピットストップを行ない、ミディアムタイヤを装着。ピットアウト時にはボッタスの方が前だったもののペース差は圧倒的で、アウトラップであっさりとボッタスを抜いていった。この時点で勝負あった……そんなように見えた。

「ポールポジションからスタートして、3位でフィニッシュするなんて、とても苛立たしい」

 そうボッタスはレース後に語った。

「チームとしては、マックスが僕らの前に行ってしまった時、眠っていたようだ。僕の戦略は、理想からは大きくかけ離れていたよ。今日のことから、学ぶことはたくさんある」

「マックスについていくチャンスはあった。でも、レースの最後に向けてプッシュしはじめると、すぐにタイヤがバラバラになりそうだった」

「今日のタイヤでは、僕らにブリスターが発生した。レッドブルには何もないようだった。だから彼らは、明らかに優位に立っていた」

 今回のレースには、先週のイギリスGPよりも1段階柔らかい組み合わせのタイヤが持ち込まれていた。そのためタイヤの使い方が難しくなるのは予想されていたことではあったが……レース中の路面温度は、40度を超えていた。

「タイヤはただオーバーヒートしていた。沸騰したようになっていたんだ」

 そうボッタスは説明した。

「そうなるとタイヤには穴が開き、グリップが失われてしまう。タイヤのこういったブリスターが一度できてしまうと、コーナリング中のグリップは失われ、徐々に遅くなってしまう」

「でも前に進もう。もちろん、今日は残念な1日だった。でも、前に進むんだ」

Read Also:

ホンダ田辺TD「チーム、ドライバー、PUのチームワークが噛み合った勝利だった」

前の記事

ホンダ田辺TD「チーム、ドライバー、PUのチームワークが噛み合った勝利だった」

次の記事

殊勲の4位ルクレール「8位以上になれるなんて、予想もできなかった」

殊勲の4位ルクレール「8位以上になれるなんて、予想もできなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith