メルセデスF1、新車W12の開発トークン使用エリアは”秘密”「そのうち分かるだろう」

メルセデスF1は2021年の新車『W12』について、ふたつの開発トークンをどこに費やしたのかを明かさなかった。

メルセデスF1、新車W12の開発トークン使用エリアは”秘密”「そのうち分かるだろう」

 メルセデスF1チームは、3月2日に2021年シーズンを戦う新車W12を発表した。ただ、開発トークンを費やしてシャシーのどのエリアを改善したかについては沈黙を貫いている。

 コロナ禍を受けて各チームのコストを削減するための対策として、2021年マシンのシャシー開発はほぼ凍結されており、2020年から多くのエレメントを引き継ぐことになっている。

Read Also:

 ただ各チームにはトークンがふたつ与えられており、このトークンを使うことで特定のエリアを改善することができる。

 一部のチームは、すでにこの開発トークンをどこに使うのかを明らかにしている。マクラーレンは今季からパワーユニットをルノー製からメルセデス製にスイッチ。その対応のためにトークンを消費し、マシンのリヤ部分を変更している。

 またフェラーリはリヤ部分を変更し、空力の最適化を狙うとコメント。アルファロメオは2トークンを使って新車C41のノーズを変更したと明かしている。

 しかしメルセデスのテクニカルディレクターであるジェームズ・アリソンは、W12の開発において、トークンがどこに使われたのかはまだ明らかにしないと語った。

「チームごとに持ち越すものは異なるだろう。ルールでそれが定められたわけではないからだ」

 アリソンはそう説明した。

「現段階で確実に言えるのは、どのクルマにも2020年から変わっていない重要なエリアがあるということだ。だがそれらのエリアは、トークンをどう使うかによってクルマごとに異なる」

「さらにパワーユニットや冷却システム、サスペンションや空力など、トークン無しで変更できる部分もある」

「我々はトークンを使い切ったが、その使い道はまだ明らかにしない。そのうち分かるだろう」

 今季のプレシーズンテストは、バーレーンで行なわれる3月12~14日の3日間だけ。例年よりもはるかに少ない時間で、開幕に向けた準備をしなければならない。

 だがアリソンは、マシンの大部分が昨年から引き継がれていることもあって、メルセデスなら何とかなると自信を持っているようだ。

「ボディワークの下にあるシステムの大部分が変わらないということは、冬のテストで調子が良ければ、走行距離を稼ぐために通常よりも多くの時間を費やす必要がないということだ」

「そうすればパフォーマンスを追求したり、タイヤについて学んだりする時間が増える。信頼性の高いクルマが作れていれば、3日間のテストでも問題ないだろう」

「クルマの主要なシステムに関して何かミスをしてしまっていた場合、シーズンを通してその挽回に終始してしまう危険性がある」

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

【2021年F1新車】アルピーヌA521:フォトギャラリー

前の記事

【2021年F1新車】アルピーヌA521:フォトギャラリー

次の記事

アロンソ、アルピーヌF1新車発表に際しコメント「チームとして、昨年よりさらに前進したい」

アロンソ、アルピーヌF1新車発表に際しコメント「チームとして、昨年よりさらに前進したい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith