メルセデス、チームオーダーは”ポイントを失うリスクを避けるため”と説明

シェア
コメント
メルセデス、チームオーダーは”ポイントを失うリスクを避けるため”と説明
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/22 22:23

メルセデスのウルフ代表は、貴重なポイントを失うリスクを避けるためにチームオーダーを出したと明かした。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, and Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09, wave in celebration of victory
A safety car leads Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, leads Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09 and Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, celebrates victory
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1, celebrates victory in parc ferme

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ドイツGPの決勝レース終盤にチームオーダーを発動したことについて、ポイントを失うリスクを避けるためだったと説明した。

 決勝レース後半、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がクラッシュしたことによりセーフティカーが出動した。その間にボッタスやキミ・ライコネン(フェラーリ)がピットストップを行ったことで、3番手を走っていたルイス・ハミルトンがトップに浮上した。

 リスタート後、ボッタスはハミルトンをオーバーテイクしようと仕掛けた。しかしその直後に、メルセデスのストラテジストであるジェームス・ボウルズがボッタスに対し、ポジションをキープするように伝えた。

 レース後、ウルフは彼らにバトルをやめさせた理由について、チームは後ろを走るフェラーリのレースペースに対応しなければならず、貴重なポイントを失うというリスクを負いたくなかったからだと説明した。

「まず最初に、ここでは我々のマシンは最速ではなかったので、次のレースに向けて改善しなければならない。というのも、次のレースは最も重要なものだからだ」とウルフはSkyに話した。

「あの時はまだ雨が降っていて、彼らのバトルはとても張り詰めていた。この何レースかのように不運によって全てを失う可能性もあったので、あの段階では落ち着いたままでいて欲しかった」

 メルセデスはオーストリアでダブルリタイアを喫したり、イギリスではハミルトンがライコネンとクラッシュしたりと、この数戦は不運に見舞われていた。だがウルフは、ホッケンハイムではメルセデスに運があったという事実を受け入れた。

「我々の不運は、極めて素晴らしい幸運となって返ってきた」

「それで私も満足だ」

 一方、ボッタスは今シーズン初優勝のチャンスを逃したことにがっかりしていたが、チームの指示を受け入れたと話した。

「セーフティカーの後、(リスタート後)1周目にルイスと少しバトルをした」とボッタスはレースを振り返った。

「その時僕は彼を抜けなかった。そうしたらチームが、リスクを最小限に留めるように伝えてきたので、僕はそれを理解したんだ」

次の F1 ニュース
ドイツ決勝:ハミルトン大逆転で混乱のレース制す。ベッテルはリタイア

前の記事

ドイツ決勝:ハミルトン大逆転で混乱のレース制す。ベッテルはリタイア

次の記事

【動画】F1第11戦ドイツGP決勝ハイライト

【動画】F1第11戦ドイツGP決勝ハイライト
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
ロケーション ホッケンハイム
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中 , バルテリ ボッタス 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース