F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

実は体調不良に見舞われていたハミルトン……予選を欠場する可能性もあった

シェア
コメント
実は体調不良に見舞われていたハミルトン……予選を欠場する可能性もあった
執筆:
2019/07/28 9:33

F1ドイツGPでポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトンだったが、FP3終了後に体調不良を訴えたため、エステバン・オコンが代役を務める準備が整っていたという。

 F1ドイツGPの予選でポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトンだが、土曜日の朝には体調不良を訴え、欠場する可能性があったことが分かった。チームは最悪の場合に備え、リザーブドライバーのエステバン・オコンを走らせる準備も整えていたという。

「今朝は気分が良くなかったんだ。少し喉が痛かった」

 健康状態について尋ねられたハミルトンは、そう語った。

「だから念のため、僕がセッションを走ることができない時の準備を整えていたんだ。フリー走行はなんとか走ったけど、リザーブドライバーが乗ることもできるように準備していた。それは最悪のシナリオだった。でもうまくいった」

 ハミルトンは予選Q1でトラフィックに苦しんだ。最初の走行ではトップ15に入ることができず、再度アタックを行わなければならなかった。

 しかしその後のハミルトンはQ2、Q3と順調に駒を進め、ポールポジションを獲得した。とはいえポールを決めた直後、彼はエンジニアに対して「どうやったのか分からない」とラジオで語り、好結果を残すことを期待していなかったと明かした。

 またハミルトンは、予選Q2をミディアムタイヤで突破することに成功したため、決勝レースもミディアムタイヤを履いてスタートすることになる。

「チームは、正しいタイミングで僕らをコースに出すという意味で、素晴らしい仕事をしてくれた。皆さんも見たように、フェラーリは2台とも脱落した。それは戦いという意味では、最終的には少し違ったモノをもたらした」

 そうハミルトンは付け加えた。

「僕は良いペースを持っていたと思う。僕とルクレールのペースは近かっただろうか? 彼らはこの週末、かなり速くなっている。でも僕のアタック、特にQ2以降の走行については、本当に満足できる」

「チームは一生懸命働いてくれた。そして今週末、モータースポーツ活動125周年を祝うメルセデスにとっては、本当に素晴らしいことだ」

 日曜日における最大の脅威、それは天候だとハミルトンは語った。

「天候が最も脅威になると言えると思う。今日も雨になるという予報があった。明日は、もっとその可能性が高いかもしれない。僕はロングランのペースをあまり見ていないから、フェラーリがどれくらいレースで強いのかは分からない。でも、簡単にオーバーテイクできるようなコースではないんだ」

「気温にもよるだろう。金曜日のような気温になれば、かなり難しいレースになるはずだ。おそらく、多くのピットストップを行わなければならないだろう」

「もし今日のように、気温が終盤に向かって暑くなっていったとしても、それはまた課題となるだろう。でも本当の意味での挑戦は、不断の努力を続けていくことであると思う。そして、今日実現したような仕事を、同じようなレベルで確実に続けていくことが必要なんだ」

Read Also:

次の記事
リカルド、ルノーに100%の信頼「レッドブルにいた頃より多くを得られている」

前の記事

リカルド、ルノーに100%の信頼「レッドブルにいた頃より多くを得られている」

次の記事

フェラーリ代表、予選での“悲劇”を教訓に内部プロセスの見直しを検討

フェラーリ代表、予選での“悲劇”を教訓に内部プロセスの見直しを検討
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper