メルセデス、スタッフのコロナ感染で調整必要? ハミルトン「これまでと違う作業がいる」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスのチームメンバーが新型コロナウイルスに罹った事に対し、混乱を避けるためには多くの調整が必要だと話した。

メルセデス、スタッフのコロナ感染で調整必要? ハミルトン「これまでと違う作業がいる」

 F1第11戦アイフェルGPに向けて準備を進めていたメルセデスは、10月8日(木)に声明を発表。チームメンバーが新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと明かした。

 FIAのコロナ対策プロトコルの一環として、そのチームメンバーは隔離されている。しかし隔離されたスタッフの詳細や、今後そのスタッフと濃厚接触したメルセデスのメンバーが隔離されなければならないのかどうかは発表されていない。

Read Also:

 しかしレース週末直前のタイミングでスタッフを失うということは、必然的にチーム内で仕事を割り振る必要が生じるだろう。

 ルイス・ハミルトンは、今回の事態は”懸念材料”だと述べ、今週末のメルセデスの仕事ぶりに影響を与えるだろうと強調した。

「当然のことだけど、懸命に働いてくれている人たちを思うと悲しいことだ」

「1週間レースがなかったけど、彼らは安全を確保し、今週末にここにいるために懸命に取り組んでいるんだ。だから間違いなくそれは懸念材料だよ」

「週末に何が起こるかは分からない。チーム内には素晴らしい人材がたくさんいるからね」

「今週末は彼に誇りを持ってもらえるように頑張るし、混乱なく仕事を継続するためには、これまでとは違ったタイプや多くの作業が必要になるだろう」

 今季の開幕戦となったオーストリアGP以降、F1チームのメンバーがコロナ陽性反応を示したのは、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)以来2例目となる。

 ペレスは結果として2レースの欠場を余儀なくされている。今回の件は、誰もが慎重にならなければならないという事実を浮き彫りにしている。

 バルテリ・ボッタスは、チームができる限りのことをしていると信じていると語った。

「間違いなく、ドライバーとしてコロナには絶対に罹りたくない。少なくとも1レース、おそらくそれ以上のレースを欠場することになるだろう」

「だから僕らはできる限り慎重に、プロトコルに沿ってソーシャルバブルの中にいようとしているんだ」

「もちろん、時には運の問題になることもある。新型コロナウイルスはかなり伝染力が高い。僕たちはみんな、感染しないように最善を尽くしている」

「もちろん、一人のチームメンバーが感染したのは不幸なことだけど、私はチームの対処を全面的に信頼している。すべてのプロトコルに従っているし、できる限りのことをしているんだ」

Read Also:

シェア
コメント
ライコネン、契約延長報道を否定「チームと話し合っている。でも最終的に決めるのは僕」

前の記事

ライコネン、契約延長報道を否定「チームと話し合っている。でも最終的に決めるのは僕」

次の記事

レッドブル、ルノーと再び組んでも問題は生じない? ダニエル・リカルドの期待

レッドブル、ルノーと再び組んでも問題は生じない? ダニエル・リカルドの期待
コメントを読み込む