F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days

成功を続けるメルセデス、その”秘訣”は?「魅力的な環境づくりが鍵」とウルフ

シェア
コメント
成功を続けるメルセデス、その”秘訣”は?「魅力的な環境づくりが鍵」とウルフ
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/07/11 23:32

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームの環境づくりと考え方の浸透が、成功を続ける秘訣だと話した。

 2014年、F1がパワーユニット時代に突入して以降、メルセデスはF1を支配し続けており、ドライバーとコンストラクターの両部門で5年連続チャンピオンに輝いている。

 今季も、開幕戦から8連勝を挙げたメルセデスは、フェラーリに135ポイント差をつけ、コンストラクターズランキングをリード。ルイス・ハミルトンが、ランキングトップに立っている。

 メルセデスは、F1の歴史の中でも最高のチームのひとつだと考えられている。チーム代表を務めるトト・ウルフは、スタッフの継続性がその秘訣のひとつであり、チームを非常に魅力的な職場にすることで達成できたことだと語った。

「私は、スタッフが(他チームからの)オファーを受け取ったことを知っている。なぜなら、彼らが私に教えてくれるからだ」

 ウルフは、スタッフの引き抜きを防ぐ方法について、そう話した。

「仕事を本当に楽しめるような環境を、創り出すことができていると私は思う」

「素晴らしい場所なんだ。政治的なことはない。私は内部の政治的なことを全く許容しない。スポーツにとって素晴らしいレギュレーションだったり、我々にとって都合が良いレギュレーションを考える時は、外部に向けて政治的なことはする。でも、内部については全く許していない」

「それはお互いに、誠実でいるということだ。問題が起きた時は、人を責めるのではなく、その問題について考える。誰かが間違いを犯した時は、それがなぜかを理解しようとし、今後それが起こらないようにしたり、その人物を成長させようとする。それこそが本当に、スタッフを守るということだ」

「それほど簡単なことではないと思う。我々はお互いのことを本当に気にかけているんだ。それがこのチームで働く者の考え方だ。それは組織の全ての分野に還元される。ビルボードか何かで読んだ、環境保護的な考え方ではない」

「今でも、私が設計オフィスを通ると多くの若者たちがいる。以前からいた人々と一緒になって、強力なグループを形成しているんだ。そのみんなが同じ考え方をしている」

 メルセデスはしばしば、自分たちのパフォーマンスを過小評価していると非難されてきたが、ウルフはその慎重な考え方は正当なものであり、心理戦をしているわけではないと主張した。

「我々が自分たちのパフォーマンスについて話した時、人々が文句を言っているのを訊く。我々の考え方は、パフォーマンスのレベルが十分であるかどうかについて、深く疑うというものだ」

「我々が弱気なふりをしているわけではない。ライバルのパフォーマンスに対するリスペクトであり、本気でそう思っているんだ。どんな時でも、我々を浮かれさせないような根拠があるものだ」

「過去のパフォーマンスで何かが得られるわけではない。8回連続で優勝していようと、5回連続でチャンピオンを獲っていようと、次のトラックでは常にゼロからのスタートなのが現実なんだ」

「正直でいるという考え方が、チームを長年保つことにも繋がっている」

次の記事
メルセデスは復活する? それとも……F1イギリスGPの見どころとDAZN配信スケジュール

前の記事

メルセデスは復活する? それとも……F1イギリスGPの見どころとDAZN配信スケジュール

次の記事

ウイリアムズ、タイトルスポンサー『ROKiT』と2023年まで契約延長

ウイリアムズ、タイトルスポンサー『ROKiT』と2023年まで契約延長
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Pablo Elizalde