F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便

シェア
コメント
空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便
執筆:
, Featured writer
協力: Matthew Somerfield
2019/10/25 12:14

25日から走行が始まる2019年F1第18戦メキシコGP。日本GPから2週間、標高が高く気圧の低いメキシコ・シティで、各車どんなパフォーマンスを見せるのか? アップデートを中心に、パーツのクローズアップをピットレーンがらお届け。

スライダー
リスト

トロロッソ・ホンダSTR14のフロントサスペンション

トロロッソ・ホンダSTR14のフロントサスペンション
1/15

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

組み立て作業が進むトロロッソ・ホンダのマシンSTR14。フロントブレーキのダクトの配置などがよく分かる。

トロロッソ・ホンダSTR14のエンジンカウル

トロロッソ・ホンダSTR14のエンジンカウル
2/15

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

空気が薄いメキシコに対応し、冷却効果を高めるべく、エンジンカウル後端の開口部を拡大してきたトロロッソ。Tウイングも上下2段となり、空気が薄い中でもしっかりとダウンフォースを確保しようとしているように見える。

フェラーリSF90のバージボード

フェラーリSF90のバージボード
3/15

写真:: Giorgio Piola

実に複雑になっているフェラーリのバージボードエリア。レギュレーションを満たすため、バージボードの上方パーツと、その最下端が同じ形状になっているのがよく分かる。

フェラーリSF90のリヤサスペンション周辺

フェラーリSF90のリヤサスペンション周辺
4/15

写真:: Giorgio Piola

リヤタイヤ周辺のエリアは、最近各チームがこぞって開発を進めている部分だ。それはフェラーリも同様。多数のスリットとウイングレットを使い、リヤタイヤ内側を流れる気流を、コークボトルの部分を抜けてディフューザー上部へ向かう気流とどう合流させるのかという部分に、気を使った処理といえよう。しかし、実に細かい処理だ。

フェラーリSF90のリヤウイング

フェラーリSF90のリヤウイング
5/15

写真:: Giorgio Piola

フェラーリがメキシコGPに持ち込んだリヤウイング。標高が高いメキシコには通常、各チーム共にハイダウンフォース仕様のリヤウイングを持ち込む。

レーシングポイントRP19

レーシングポイントRP19
6/15

写真:: Giorgio Piola

RP19のインダクションポッド側面に取り付けられる魚雷型のパーツ。これにはフリー走行中にタイヤの挙動を監視するための、”サーマルイメージングカメラ”が内包されている。これにより同チームのエンジニアは、レースおよび予選で活用するための、重要なデータを手にすることができる。このような形状をしているのは、マシンの他の部分に及ぼす影響を極力減らすためである。

レーシングポイントRP19のコクピット

レーシングポイントRP19のコクピット
7/15

写真:: Giorgio Piola

RP19のコクピット両サイドには、ティアドロップ(涙の雫)型の突起が取り付けられている。これはドライバーのヘルメットをサポートするだけでなく、このエリアで起きるバフェッティング(乱流によって引き起こされる異常振動)や、その他のくうりき的な不整合を軽減することに繋がる。

レッドブルRB15のハロ後方開口部

レッドブルRB15のハロ後方開口部
8/15

写真:: Giorgio Piola

空気の希薄なメキシコGPでは、冷却性能は特に重要となる。レッドブルはハロの付け根部分に開口部を設け、冷却性能を確保しようとしている。

レッドブルRB15のリヤ開口部

レッドブルRB15のリヤ開口部
9/15

写真:: Giorgio Piola

リヤも、今シーズン最大とも言えそうなほど大きく開口してきた。またサスペンションのアッパーウイッシュボーンの付近にも、開口部を追加している。

レッドブルRB15のエンジンカウル

レッドブルRB15のエンジンカウル
10/15

写真:: Giorgio Piola

この角度から見ると、リヤサスペンションのアッパーウイッシュボーンの付け根が部分に、どのように開口部が設けられているかがさらによく分かる。またカウル後端にはTウイングを設置。トロロッソはこれを二重にしているが、レッドブルは1枚板のTウイングを選択した。

ウイリアムズFW42の従来型フロントウイングと実験用フロントウイング

ウイリアムズFW42の従来型フロントウイングと実験用フロントウイング
11/15

写真:: Giorgio Piola

ウイリアムズは、日本GPに引き続きここメキシコでも、2種類のフロントウイングを試すようだ。左側の新しいウイングは、フラップの青く塗られた部分が、従来型より小さい。この青く塗られた部分だけが角度調整可能な箇所であり、つまり新型は調整可能な範囲が小さくなっている。

ウイリアムズFW42の新型フロントウイング

ウイリアムズFW42の新型フロントウイング
12/15

写真:: Giorgio Piola

ウイリアムズFW42の新型フロントウイングを後方から激写。

ウイリアムズFW42のバージボード

ウイリアムズFW42のバージボード
13/15

写真:: Giorgio Piola

ウイリアムズのバージボードエリア。サイドポッド周辺にはディフレクターやその他のパーツなど、10チーム中随一と言ってもいい複雑さになっている。

レーシングポイントRP19のフロントウイングステー

レーシングポイントRP19のフロントウイングステー
14/15

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

レーシングポイントがベルギーGPに投入したフロントウイングステー。ステー自体は前後に非常に長く、4つのスロットが備わっているのが特徴だ。

レーシングポイントRP19のフロントウイング

レーシングポイントRP19のフロントウイング
15/15

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

新しいデザインのノーズには、新たなデザインのフロントウイングも組み合わされた。これは日本GPに初めて持ち込まれたもの。フロントタイヤの後方に生み出される乱流を制御するため、ウイング外側の角度調整可能な部分の面積が増えている。

Read Also:

次の記事
強力すぎるフェラーリPUは「どうかしている……」ルクレール、“揺さぶり”にも動じず

前の記事

強力すぎるフェラーリPUは「どうかしている……」ルクレール、“揺さぶり”にも動じず

次の記事

F1メキシコFP1速報:ハミルトン首位発進。フェルスタッペンは3番手

F1メキシコFP1速報:ハミルトン首位発進。フェルスタッペンは3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第18戦メキシコGP
サブイベント Thursday
執筆者 Giorgio Piola