マイアミGP、初開催に向け準備は順調。F1レースディレクター「”駐車場”の急造レースにはならない」

F1レースディレクターのマイケル・マシは、来季初開催されるマイアミGPについて、単なる”駐車場”で行なわれるレースではないと語った。

マイアミGP、初開催に向け準備は順調。F1レースディレクター「”駐車場”の急造レースにはならない」

 F1は2022年シーズン、第5戦として初めてマイアミGPを開催する予定だ。レースプロモーターが所有するハードロック・スタジアム周辺の土地にトラックが建設されることになっている。

 F1レースディレクターのマイケル・マシは、先日現地を訪れてトラック建設の進捗状況を確認したという。その上でマシは、1981~82年にラスベガスで開催されたアメリカGPで使用されたような、駐車場を使った急造コースでのレースにはならないと主張している。

 motorsport.comの取材に対し「きちんとしたサーキットだ」と、マシは語った。

「様々な場所で行なわれている作業のレベルを考慮すると、駐車場でのレースのようにはならない。施設の準備は非常に順調に進んでおり、ユニークなレースになるだろう」

 ハードロック・スタジアムは、NFLチームのマイアミ・ドルフィンズの本拠地となっている。NFLはシーズンの真っ只中であり、サーキット建設と併行して定期的に試合が行なわれている。マシは、そんな中でもサーキットの準備を進めるプロモーターたちの働きに感銘を受けたという。

「彼らのまとめ方は素晴らしい。NFLのシーズンをすべての作業の合間に組み込み、スタジアムでの作業を区分けしなければならない彼らをうらやましいとは思わないよ」

「しかし、これは彼らの功績だと思う。彼らは先週、スタジアムで大規模な作業を行なっていたが、週末に行なわれるドルフィンズの試合のためにすべてを元のレベルに戻し、翌日からまた作業を始めなければならなかった。マイアミは本当に良くなっている」

 マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、マイアミGPのチケットは”最もホット”なモノになるだろうと語った。

 また、2022年はアメリカでマイアミGPとアメリカGPの2戦が開催されることになっているが、アメリカで”3レース目”を開催する余地があるかと訊かれたブラウンは、次のように答えた。

「市場としては、間違いなくアメリカ第3のレースを行なうことができる」と、ブラウンは語った。

「そのようにレースを同じ年に開催するのは非常に複雑なので、当然のことながらニューヨークやラスベガスなど、市場が大きい場所での開催を望んでいる」

「私が思うに、オースティンでのレース開催はまだ確実ではない(開催契約が延長されていない)が、実現してほしいし実現すると思っている。そしてマイアミは、来年のF1で最もホットなチケットになると思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
レッドブルのマルコ博士「フェルスタッペンは今季、”罪なく”50ポイント失った」
前の記事

レッドブルのマルコ博士「フェルスタッペンは今季、”罪なく”50ポイント失った」

次の記事

ハミルトン、弱冠24歳でフェラーリのチームリーダーとなったルクレールを賞賛「もっと近くで戦うのが楽しみ」

ハミルトン、弱冠24歳でフェラーリのチームリーダーとなったルクレールを賞賛「もっと近くで戦うのが楽しみ」
コメントを読み込む