F1マイアミGPの2022年開催が決定。ハードロックスタジアムを中心とした特設コースが舞台

F1は、来年の開催カレンダーにマイアミGPが加わることを発表。ハードロックスタジアムの周辺に特設されるコースでの開催契約を10年間にわたって結んだことが明らかになった。

F1マイアミGPの2022年開催が決定。ハードロックスタジアムを中心とした特設コースが舞台

 長く開催が計画されていたマイアミでのF1グランプリが、ようやく実現することになりそうだ。

Read Also:

 F1は4月18日(日)に、マイアミでのレースについて、10年契約を結んだことを発表した。

 このグランプリは、ハードロック・スタジアムの周囲に特設される全長5.41kmのコースで開催される予定。全19のコーナーで構成されており、非常にタイトなコーナーと、高速セクションが混在するレイアウトになる模様だ。

 レースの開催日程はまだ明らかにされていないが、これはオースティンで開催されるアメリカGPの契約次第ということもありそうだ。アメリカGPは今季限りで契約が終了することになっており、来年以降についてはまだ何も合意されていない状態だ。

 オースティンでのレースの開催契約が延長された場合、ロジスティクス的なことを考えれば、このマイアミでのレースも秋口に開催するのが最も理に適っていると言える。しかしF1は最近、アメリカ国内での人気を高めようと尽力しているため、全く別の時期……例えばシーズン前半に開催することで、1年を通じてアメリカでの”F1熱”を維持するという考え方もできる。

 F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、アメリカで2戦目のレースが加わるのは、視聴者を増やすのに役立つはずだと語った。

「アメリカは我々にとって、成長させるべき重要な市場だ。このエキサイティングな2レース目が加わることによって、アメリカでファンを拡大させることができるということに非常に勇気付けられている」

 そうドメニカリCEOは語る。

「我々はハードロック・スタジアムとFIAのチームと緊密に協力し、サーキットがセンセーショナルなレースを提供するだけでなく、地元のコミュニティの人々に、ポジティブで永続的に貢献していくことができるようにした」

「我々はファンやマイアミ・ガーデンズの担当者、そして地元の観光業界の、プロセス全体に対する忍耐と支援に感謝している。このスポーツの歴史上初めて、地球上で最高のレースの興奮をマイアミにもたらすことができるのを、楽しみにしている」

 マイアミGPは当初、ポート・マイアミ地域を使った公道コースで2020年から実施される予定で計画が進められていた。しかし地元住民などの反対に遭い、計画を根本から見直す必要に迫られた。

 そのため今回のレースについても、F1とレースプロモーターは、地元住民が割引チケットを確実に購入できるように協力し、さらに地元企業を支援するプログラムなども構築しなければならなかった。

 プロモーターのトム・ガーフィンケルは、F1がマイアミにもたらすメリットを歓迎し、さらに新たに計画されたコースレイアウトが、素晴らしいレースをもたらすと信じている。

「マイアミ・ガーデンズのハードロック・スタジアム・エンターテインメイント・キャンパスは、マイアミ地域全体に利益をもたらす、最大規模のグローバルイベントを主催するために存在している。F1のレースは、それに適するほど大きなイベントだ」

「我々は専門的なデザイナーの協力を仰ぎ、F1とFIAが素晴らしいレースを提供することができると信じるに足るレースコースを作り出した。そしてマイアミの多様でダイナミックな地域を反映した、ファンに特別な体験をしてもらえるイベントを作り上げたいと考えている」

 

Read Also:

シェア
コメント
ペレス、予選2番手獲得に驚き「マシンとの調和はまだまだ……」ソフトタイヤスタートには懸念なし

前の記事

ペレス、予選2番手獲得に驚き「マシンとの調和はまだまだ……」ソフトタイヤスタートには懸念なし

次の記事

レッドブルが“数的優位”で臨む決勝……「彼らの方が戦略面で良いカードが揃っている」とハミルトン

レッドブルが“数的優位”で臨む決勝……「彼らの方が戦略面で良いカードが揃っている」とハミルトン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble