F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
14 days

マイアミGPのレイアウト案が初公開。橋を渡るバクー似のコースに

シェア
コメント
マイアミGPのレイアウト案が初公開。橋を渡るバクー似のコースに
執筆:
2018/05/05 8:55

マイアミGPのコースレイアウト案が初公開となった。長い2本のストレートがあり、バクーに似た構造になっている。

 F1開催が噂されているマイアミのコースレイアウト案が初めて公開された。このレイアウトには、かつてIMSAやチャンプカー、フォーミュラEで使用されていた区間での走行もふくまれている。

 2019年の10月に初開催が予定されているマイアミGPは、5月10日(木)にレース開催に関する会議が行われるようだ。

 マイアミGPのトラックは、マイアミに拠点を置くNBAチーム『マイアミ・ヒート』のホームであるアメリカン・エアラインズ・アリーナの周囲に設けられ、ピットとパドックエリアはこのアリーナに隣接する形で用意される予定となっている。

 スタート/フィニッシュライン以降は、ビスケーン・ブールバードという通りを走る(画像左上の南北に走る通り)。そして橋を渡る高速セクションのポート・ブールバードを通過し、その先で転回してまたビスケーン・ブールバードの方へ戻るレイアウトになっている。

 このトラックは、1983年に初めてIMSAで使用された元々のマイアミ・ストリート・サーキットのレイアウトに似たつくりとなっている。当時はビスケーン・ブールバードも使用され、現在のアメリカン・エアラインズ・アリーナ付近もコースとなっていた。

 1986年に地方開発の一環でIMSAのレースは開催地が変更となり、新たにバイセンテニアル・パークでレースが行われた。チャンプカーのレースも開催され、1995年にはジャック・ビルヌーブが優勝を飾っている。 

Miami street circuit
フォーミュラE開催時のマイアミ・ストリート・サーキット

 マイアミでは2015年にフォーミュラEが開催されたが、その際は1.4マイル(約2.254km)の短いコースで、アメリカン・エアラインズ・アリーナ周辺にコースが設けられていた。

 今回提唱されたこのトラックは、橋の上を渡り、再度そこを通過するという初めての試みとなっている。なお過去には、似たようなアイデアのトラックについてバーニー・エクレストンと当初のマイアミGPのプロモーターとの間で議論されたこともあった。

 このレイアウト上の橋を渡る2つの長いストレートは、どちらも厳しいブレーキングが必要である。これらがバクーのようなレース展開に貢献することが望まれる。 

次の記事
ペレス、5度目の3位獲得に「ポディウムに乗れたのは”偶然”ではない」

前の記事

ペレス、5度目の3位獲得に「ポディウムに乗れたのは”偶然”ではない」

次の記事

ベッテル、ライコネンとは”良いペア”と語る「僕たちは全く問題ない」

ベッテル、ライコネンとは”良いペア”と語る「僕たちは全く問題ない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper