そのマシンは父から息子へ。ミック・シューマッハー、ミハエルのメルセデスF1『W02』でグッドウッド参加決定

メルセデスのF1リザーブドライバーを務めるミック・シューマッハーが、7月に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに、父ミハエルがドライブした2011年型のメルセデスF1マシン『W02』で参加することになった。

Michael Schumacher, Mercedes, W02

 7月14日(金)〜16日(日)の3日間にわたって開催される今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FOS)にて、ミック・シューマッハーがメルセデスの2011年型F1マシン『W02』をドライブすることとなった。

 ハースで2シーズンを戦った後、F1レギュラーシートを離れて今年はメルセデスにリザーブドライバーとして加入したミック・シューマッハーは、FOSの土曜日と日曜日の2日にわたってW02を走らせる。

 W02は2009年シーズン終了後にブラウンGPを買収し、2010年からF1へ”チーム”として参戦を始めたメルセデスが、2011年用に設計・製造したマシン。ミック・シューマッハーの父であり7回のF1チャンピオン獲得経験を持つミハエル・シューマッハーと、ニコ・ロズベルグがステアリングを握り、入賞を重ねてコンストラクターズランキング4位を獲得した。ただ、カナダGPの4位がシーズン最高位で、メルセデスのF1マシンとしては唯一表彰台に上がれなかったマシンとなっている。

 グッドウッドでW02をドライブすることについて、ミック・シューマッハーは次のように語っている。

「父の2011年に乗ったW02で走るのは、たとえ短い時間であっても壮観だろうね。この世代のマシンを体験するだけでもすごいことだよ!」

「父がこのマシンで走ったことを知っていれば、特別なモノになるし、色々と感慨深いね。僕は幸運にも父のベネトンやフェラーリに乗ることができたけど、父がドライブしたメルセデスのステアリングを握るのは今回が初めてだ。降りた時には、きっと僕は満面の笑みだろうね」

Mick Schumacher, Mercedes-AMG reserve driver, talks to colleagues in the team's garage

Mick Schumacher, Mercedes-AMG reserve driver, talks to colleagues in the team's garage

Photo by: Sam Bloxham / Motorsport Images

 今年のグッドウッドでは、ミック・シューマッハーの他エステバン・グティエレスもメルセデスの2021年にコンストラクターズタイトルを獲得した時のマシン『W12』を走らせる。

 走行に伴い、メルセデスはマシンを金曜日から日曜日まで開催されるF1公式ピットレーンエリアで一般公開する予定だ。

 グッドウッドでは4度のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルも参加予定。自身が所有するウイリアムズ『FW14B』やマクラーレン『MP4/8』などを100%持続可能燃料で走らせることとなっている。

 
関連ニュース:

前の記事 アウディ、F1シミュレータ担当ドライバーにル・マン覇者ニール・ジャニを起用。2026年の参戦に向けて準備着々
次の記事 俺の記録を超えていけ。ハミルトン、フェルスタッペンなら自身のF1最多勝を超えると断言「記録は破られるためにある」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本