ハミルトン、モナコGPの変更を提案「レイアウトも含めて考え直すべき」

シェア
コメント
ハミルトン、モナコGPの変更を提案「レイアウトも含めて考え直すべき」
執筆: Stuart Codling
2018/05/29 3:07

ルイス・ハミルトンは、退屈だったと批判を浴びている今年のモナコGPを受け、伝統のレースの見直しを求めている。

Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, leads Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, leads Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09 and Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, leads Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09, Esteban Ocon, Force India VJM11, and Fernando Alonso, McLaren MCL33, at the start of the race
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, leads Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, and Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1 W09
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, leads Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H, at the start of the race
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, leads Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H

 モナコGPで3位となったルイス・ハミルトン(メルセデス)は、今回のレースを批判しているドライバーのひとりであり、コースレイアウトの再考やモナコではピットストップ2回を義務付けるなど、改革が必要だと提案している。

 今年のモナコGPは、MGU-Kを失いながらもドライブを続けたダニエル・リカルド(レッドブル)が優勝したが、バトルは例年以上に少なかった。リカルドがペースダウンを強いられたため、全車のペースが上がらず、至る所でマシンが接近していたにもかかわらずだ。

 ギヤボックスのトラブルでリタイアしたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、これまでで最も退屈なレースだったと酷評。一方でハミルトンは、サーキットのレイアウトを修正するか、複数回のピットストップを義務付けるなどの対策で、レースを改善すべきだと語った。

「1年の中でも、モナコは最も特別なレースだ」

 そうハミルトンは語った。

「この壮観な光景や素晴らしいトラックと同じくらい、レースがエキサイティングなモノだと言えないのは残念だ」

「モナコほど特別な場所はない。だけど、F1は違うルールやスケジュールのようなものを(モナコで)適用する必要があると僕は思う。ここで1ストップのレースをすべきではないんだ」

「おそらく、別のフォーマットのようなものを導入しなければならないのかもしれない。そうすればもっとバトルが起こるはずだ」

「NASCARを見てみれば、必要がないときでもセーフティカーを入れている。レース中に出る黄旗をひとまとめにしたようなものだ」

「モナコでは、2レース制にした方がいいのかもしれない。どうなるかは分からないけど、ここでのレースは78周なんだ。それじゃ多すぎる」

 現在は3.34kmのコースを78周、計260kmほどでレースが行われているが、1960年代まではレースは100周で行われており、レース時間は3時間以上に渡っていた。

 初開催の1929年から、モナコの基本コースレイアウトはほとんど変わっていないが、ヌーベル・シケインの新設やプールサイド・シケイン追加のほか、土地埋立て事業によりタバココーナーからラスカスまでの区間が海側へ移動するなど微妙に変更が加えられてきている。

「僕は先日、アルベール大公にこう言ったんだ。”おそらく、トラックをもっと長くする時が来た”とね」とハミルトンは明かした。

「僕たちはこのトラックを1分11秒台で走れる」

「もっと多くの道が出来ている。このトラックをもっと素晴らしいものにするべきなんじゃないか?」

 モナコはそのタイトなレイアウトからオーバーテイクが困難であり、特に現代のF1マシンの車幅を考えるとトラックポジションを維持することが極めて重要なため、今回のレースはワンストップ戦略を遂行するため、タイヤを保たせることが重要となった。

「レーシングドライバーとして、僕たちは全くプッシュしていない」とハミルトンは話した。

「僕たちはとんでもなくペースを落とさなければならなかった。これほどプッシュしなかったのは、思い出せる限りで初めてだ。馬鹿げているよ」

次の F1 ニュース
ホンダPUの向上に期待するガスリー「どう機能するか確認したい」

前の記事

ホンダPUの向上に期待するガスリー「どう機能するか確認したい」

次の記事

フェラーリのチーフデザイナー、チームを離脱しザウバーへ移籍

フェラーリのチーフデザイナー、チームを離脱しザウバーへ移籍

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Stuart Codling
記事タイプ 速報ニュース