F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days
Heroes
トピックス

Heroes

マッサ、瀕死の重傷を負った2009年ハンガリーGPの事故を振り返る

motorsport.tvで公開されている映画『Motorsport Heroes』。このフィルムでは成功、失敗、個人的な苦労、生命にかかわる事故などが取り上げられている。フェリペ・マッサは、2009年のハンガリーGPで遭った事故について語る。

 2009年ハンガリーGPの予選Q2でその事故は起きた。ルーベンス・バリチェロがドライブしていたブラウンGP BGP001のリヤから、ヒーブダンパーが脱落……それが後ろを走っていたフェラーリのフェリペ・マッサのヘルメットを直撃したのだ。

 この衝撃によりマッサは意識を失い、マシンはタイヤバリアに高速でクラッシュした。

「ターン5の出口で、ルーベンスはマシンからサードダンパーのスプリングを落とした。そして僕はその時、250km/h程度で走っていた」

 マッサはそう語る。

「そして、そのスプリングはちょうど僕の頭に当たった」

 ル・マン24時間レースを9回にわたって制しているトム・クリステンセンは、次のように尋ねる。

「そのスプリングの重さはどのくらいだったんだ?」

 マッサは「900g〜1kgの間だったと思う。そこに、250km/hでぶつかったんだ」と答え、さらに続ける。

「僕は病院に搬送され、かなり難しい手術を受けた。その後、ブラジルに戻り、1ヵ月後に別の大掛かりな手術を受けたんだ。僕は左目の上の骨を失ってしまったから、ここにプレートを追加したんだ」

「マシンに復帰するまでには、本当に長い時間がかかった。レースに戻りたいとずっと思っていたが、そういうことが起きるとは信じられなかった。今回のようなことが起きた場合には、自分の人生だけでなくみんなの人生も大いに尊重することになるんだ」

 マッサは2009年の残りのレースに参戦することはできなかったが、2010年の開幕戦からコクピットへの復帰を果たした。彼は自らの幸運だけでなく、モータースポーツの安全性の進化に感謝しているという。

 このマッサの事故の後、ヘルメットの安全対策がさらに加速。当初はバイザーの上部にカーボンプレートを取り付けて強度を向上させたが、今では開口部を10mm小さくし、バイザーも小型化することで安全性を高めた。

『Motorsport Heroes』はこのマッサの話も含め、111分間にわたって様々なことが、当事者によって語られている。

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ・ミュージアムが営業再開。医療関係者は入場無料に

前の記事

フェラーリ・ミュージアムが営業再開。医療関係者は入場無料に

次の記事

ミハエル・シューマッハーが見せた“最後の輝き”:2012年ヨーロッパGP

ミハエル・シューマッハーが見せた“最後の輝き”:2012年ヨーロッパGP
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ
執筆者 Charles Bradley