コラム
F1 オーストリアGP

【コラム】英国人F1レポーターから見た角田裕毅の“暴言”問題「看過されるべき発言ではない。しかしF1での立場は失われない」

F1オーストリアGPで話題となったRB角田裕毅の暴言問題。F1の現場ではどれほど重大な問題として捉えられているのだろうか。

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team

写真:: Red Bull Content Pool

 RBからF1に参戦する日本人ドライバーの角田裕毅は、侮蔑的な暴言を吐いたとして罰金が科せられた。日本でも大きく報じられたこの件について、F1の現場ではどのような受け止め方をされているのだろうか?

 motorsport.comグローバル版のイギリス人F1レポーター、ジェイク・ボクソール-レッグが日本版に寄稿してくれた。


 角田はF1オーストリアGPの予選Q1で、無線を通じて他のドライバーを「Retarded(知恵遅れ)」と呼んだことが原因で、4万ユーロ(約694万円)の罰金を科された。

 このRetardedという言葉は、一般的な悪態や侮辱的なコメントと異なり、能力主義的な中傷、知的障害者を指す時代遅れの表現だ。そのため、角田の言葉の選択は、障害者に対してしばしば使われることを考えれば、多くの人々にとって不快なモノであり、容認されるべきではなかった。

 裁定を下したスチュワードは、角田が謝罪し、英語が母国語ではないことから言葉の意味合いを知らなかったとして、一定の寛大さを示し、罰金の半額を執行猶予とした。

 これは妥当な裁定と言える。角田の暴言が悪意あるモノであったとは考えにくいし、角田は自身の発言がいかに悪いモノであったかを自覚し、償おうとしているように見えた。いかなる場面でも使っていい言葉ではないし、地位や性別、生い立ちに基づく他人への中傷も看過されるべきではないのだ。

 しかし今回の件を受けて、角田のF1での立場が損なわれることはないだろう。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは数年前、ポルトガルで同様の発言を行ない、謝罪した。

 角田が所属するRBは目先の懸念を示していないが、ドライビング中の暴言により注意するよう角田に指導することになるだろう。

 角田がこれを教訓にしてくれることを願っている。F1ドライバーは模範であり、見ている人たちに良い手本を示さなければならない。

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 レッドブルRB20が赤に染まる! ファン作成のF1イギリスGP特別カラーリングを発表。15年テストの迷彩柄から着想
次の記事 レッドブルF1代表、怒り心頭マクラーレンからのフェルスタッペン批判に反論「間違っているしフェアじゃない」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本