F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」

シェア
コメント
F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」
執筆:
2020/05/07 10:01

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファタウリF1でコミュニケーション部門の責任者を務めるファビアナ・ヴァレンティに話を聞いた。

■私の仕事

 まず私が言いたいことは、私の仕事が本当に夢のようなモノだということです。私はスクーデリア・アルファタウリでコミュニケーション部門の責任者として、世界中を旅し、チームのコミュニケーションに関わる全ての事を担当しています。

 しばしば外部の人がチームに連絡を取る際の最初の窓口になりますが、その中の大きなグループのひとつがメディアです。他にもトラック内外での全てのPR活動も担当しています。

Read Also:

■レースウィークエンドのスケジュール

 ドライバー、そして主な管理職の毎日の予定に気を配るのはとても忙しいです。PRとマーケティングのチームは、トラックでオペレーションを担当するチームよりも肉体的にはかなり楽ですが、ストレスはとても多いですね。

 F1では1分だって大切なので、私達はドライバーそして管理職のスケジュールを遅延なく進めなくてはなりません。

 サーキットに到着すると、メカニック、エンジニアと一緒に朝食をとります。朝食を終えたらメールをチェックして、なにか新たなリクエストが来ていないか、そしてスケジュールでそれ以上応えられるかどうかを確かめます。

 もう一度確認して、全て何の問題もないかを確かめます。プランBも常に準備しておく必要があるんです。

 木曜日はエンジニアリングの観点からドライバーの準備日と考えられています。またファンイベントやPRイベント、インタビューを割り当てる時間もあるので、彼らにとってはメディアデーかもしれません。

 金曜日、フリー走行が始まるとそういったことの時間はより制限されるのは確かです。木曜日にはオープンセッションや1対1のインタビューの時間もありますから。ただ、トラックでの活動がある時でもメディアがアクセスできるようにすることは重要です。そのため、日曜のレース後まで毎日メディア向けの割当があります。

Pierre Gasly, AlphaTauri

Pierre Gasly, AlphaTauri

Photo by: Red Bull Content Pool

■仕事で最も重要なこと

 人間関係です。私はその側面がとても好きですね。自分はとても社交的な人間で、何時間もひとりでパソコンの前にいる自分は考えられません。

 チーム内ではドライバー、そしてチームメンバーと良い関係を築きたいと思っています。多分私の年齢や態度のせいなんでしょうけど、“お母さん”と呼ばれがちなんです。

 結局の所、自分の家族よりも彼らと過ごす時間のほうが長いんです。ですからできる限り親切に対応しようとしています。時には毅然と自分の言葉を伝えなければならない事もありますが、できる限り良い環境を作ってあげたいと思っているんです。

 チーム外でも、良い関係を築くのが好きです。新しい人と知り合うのが好きですし、みんなの面倒を見つつ、日々のメディア対応の中でできるだけプロとして効率的にしていきたいと思っています。

 私のモットーは『ノーと言う勇気を持て』です。ノーと言わなければならない時は、それが役に立っているように感じます。

■これなしでは仕事ができない3つのツール

 ひとつ目はノートPCですね。どこへでもこれを持ち歩いていますし、休日にも持っています。何が起こるかわかりませんし、常に対応できるようにしておきたいんです。

 ふたつ目はボイスレコーダーです。全てのインタビューやオープンセッションを録音するためのものです。ただこれは話すことを全てコントロールしたいから、といった理由ではありません。全てを書き起こして管理職に報告することはないです。

 一般として、私達のドライバーは自由に自分の考えを話すことができます。しかしそこに議論がある場合には、話したことをチェックし、誤解を明確にする可能性があります。それから取材を逃したメディアが必要とした場合に、そのファイルを提供することもあります。

 時には興味深かったインタビューを聞き直すこともあって、ドライバーをより深く知るには良い方法なんですよ。

Pierre Gasly, AlphaTauri

Pierre Gasly, AlphaTauri

Photo by: Red Bull Content Pool

 3つ目、携帯電話は外せません。私達は世界中を飛び回っているので、私達がいつどこにいるのかは分からないんですが、携帯電話がそれを助けてくれます。サーキットでも、携帯電話は日々のルーティーンに欠かせないものです。常に連絡が取れると思ってもらいたいので、電源は決して切らないようにしていますね。それから家にいる家族が昼夜を問わず連絡できるようにしたいんです。

■最もよく接する人

 マーケティングやコミュニケーション部門の同僚は当然ですが、チームの全員と言えるでしょうね。チームマネージャーのグラハム・ワトソンとはよく話しますし、レースエンジニアともよく話しています。クビアトの広報担当でもあるので、彼とよく話しているかもしれません。

 (チーム代表の)フランツ・トストとも親しくしていますし、電話に彼の名前を見たら、可能な限り早く応えるようにしていますね! それから友人やジャーナリストもそうです。何人かとはサーキット外でも連絡を取り合っていますし、仕事以外の個人的なことについて話すのも楽しい時間です。

■サーキットにいない時

 ファクトリーのオフィスで働いています。レースウィークのプランを立てて、ファクトリーに関係する全ての事を管理しています。

■もし私がいなかったら……

 何も変わらないでしょうね。コミュニケーション部門は私がいなくとも有能ですし、とても誇らしいですよ。チームというのは誰もが何かをもたらして、誰もが全てを把握していることでチームたらしめるのです。

 私達みんなが有用な存在ですが、仕事で良い結果を出すために“絶対に必要な”な存在はいません。そうでなければ適切なモノではないです。自分がいないと全てがストップしてしまったり、問題になってしまうような状況にチームを決して置くべきではありません。これは私がボスだった場合に望むことです。

Pierre Gasly, AlphaTauri

Pierre Gasly, AlphaTauri

Photo by: Red Bull Content Pool

■私にとってF1とは

 第2の家族ですね! ファクトリーそしてトラックの両方で仕事をしている時は家にいるような気持ちなんです。F1は子供の頃の夢ではなかったんですが、そうだとしても今では人生の重要な一部であり、情熱になっています。

 F1は間違いなく中毒性があって、それなしではやっていけなくなるように思えます。多くの人は毎日仕事へ向かうのに何か適切な励ましを見つけなければならないかもしれませんが、私は朝起きて仕事に行くのが幸せだと言わなければならないですね。F1の世界へ連れて行ってもらえて光栄だと感じています。

 

Read Also:

 

次の記事
フェラーリCEO、F1チームの収益減は「2020年限りになるはず」と楽観視

前の記事

フェラーリCEO、F1チームの収益減は「2020年限りになるはず」と楽観視

次の記事

F1はインディカーのような”激戦レース”を目指すべき……マクラーレンCEO叫ぶ

F1はインディカーのような”激戦レース”を目指すべき……マクラーレンCEO叫ぶ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Oleg Karpov