F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

F1仕事の流儀:このスポーツの威厳を保ち、正確に……マスター・オブ・セレモニー

シェア
コメント
F1仕事の流儀:このスポーツの威厳を保ち、正確に……マスター・オブ・セレモニー
執筆:
2020/06/06 0:31

このシリーズでは、F1の世界で働いている人のうち、普段はテレビで見る機会のない人たちを紹介してきた。ただし今回は、各レースで必ずと言っても良いほど画面で見ることができる人物を紹介。表彰式進行役のアレクサンダー・モリーナである。

私の仕事は……

 私の仕事は、F1の表彰式の進行役です。マスター・オブ・セレモニーというのが、FIAでの呼び方になります。スーパーライセンスがドライバーに与えられるのを同じように、FIAの主要な人々にもそれを発行する。そして、マスター・オブ・セレモニーにもそれが発行されるのだ。

 私はほとんどの場合、F1マネジメント(FOM)で働いている。しかし表彰式に関してはFIAの役割なので、FIAスーパーライセンスを手にして、それを行なっている。つまりその10分間だけ、FIAで働いているんだ。

週末のスケジュール……

 非常に忙しい。ふたつの業務の間でね。表彰式の部分についてだけ話すのなら、私のスケジュールは主に日曜日に集中している。その前に、その日曜日に何が起きているのかを確認する必要がある。だからまず第一に、どの要人が表彰式でプレゼンターを務めるのか、それを理解しようとするんだ。

 私はイベントの主催者のところへ行き、誰がイベントにやってくるのか、それを一緒に確認する。時々、ギリギリで変更があったりするので、それに適応する必要があるんだ。でも、ある時点で決定を下さなければいけない。その後、承認された方法で進んでいること、トロフィーを贈るための全員がそこにいることを確認する。それに加えて、トロフィーが我々が同意したモノと一致していることを確認するんだ。

 全てのことが、手順の中に留まっていることを確認する必要がある。F1より前に行なわれるサポートレースも、全て担当する。それは誰にとっても良い練習になるんだ。それは、ひとりでやる仕事ではない。我々にはチームがあり、誰もが、何をすべきか確実に知っていなければいけない。常に同じ手順だが、全てが正しく行なわれていることを、再確認する必要があるんだ。

Read Also:

Подиум: победитель Себастьян Феттель, Ferrari, обладатель второго места Льюис Хэмилтон, Mercedes AMG F1, третье место - Валттери Боттас, Mercedes AMG F1

Photo: LAT Images

私の仕事で最も重要なこと……

 ふたつの部分がある。最初は手順に関することだ。表彰式のスポーティング面があり。これには、トロフィーの贈呈と国歌演奏がある。この部分は、とても規制されている。

 その後でシャンパンファイトと、音楽などのショーがある。私にとって重要なことのひとつは、これらふたつの部分を切り離しておくことだ。私は手順が守られていることを確認する必要があり、その最初の部分が終了した後では、ドライバーたちは楽しむことができるようになる。それも、彼らが理解しておかなければいけないことのひとつだ。

 タイミングは非常に重要だ。トロフィーのプレゼンテーションは、本当に邪魔されたくないモノだ。ドライバーがパルクフェルメに等チェクすると、FIAの担当者が彼らを掴まえ、体重計測を行なう。その後で表彰台の裏に行き、私はそこで彼らに会う。その後で表彰台に行くんだ。

これ無しでは仕事ができない……3つのツール

 最初は手順だ。スポーティング面のガイドラインは、非常に厳しい。F1の全てはルールで決められている。我々は、全員がそれに従うことを確実にする必要がある。そして私は、いつも要人に対して簡潔に説明しなければいけないのだ。国歌演奏の時、トロフィーを授与する時、どうやってそれを行なうのかを説明するんだ。

 明らかに、彼らのほとんどにとって、そういうことをするのは初めてのことだ。彼らは注目を集めるので、何をしようとしているのかを知り、自信を持つ必要があるんだ。とてもシンプルなことだが、問題がないことを確実にしておく必要がある。私は彼らを助けるためにそこにいるのだ。彼らの立ち位置は常にマークされているが、どこに行く必要があるかなどを伝えるんだ。

 ふたつ目は私のネクタイだ。それも重要なモノ……そしてもちろん、支えてくれるチームも必要だ。

Подиум: победитель Себастьян Феттель, Ferrari

Photo: LAT Images

いつも接している人……

 全てのことを設定する、オペレーションの担当者がいる。そしてテレビのディレクターをするような人もいる。それから、レースコントロールのように、スポーティング面を担っている人もいる。土壇場で変更があった場合、それを認識し、確認する必要がある。だからラジオを持っていて、関係する全ての人と常に直接連絡している。

サーキットにいない時……

 次のイベントの準備をしている。各レースの3ヵ月前には、全てのトロフィーの提案を取り寄せる必要がある。その後で、承認に向けたプロセスを実行する。トロフィーがガイドラインに一致したモノにしたい。それは非常に重要だ。トロフィーには権威がなければいけない……ドライバーとチームに誇りに思ってもらえるようにしたいんだ。したがってトロフィーは、常に私たちが望むレベルにあることを確認する必要がある。

私なしでは……

 私はいつも、チームワークだと言っている。うまくやれれば、私を入れ替えても問題ないはずだ。後任の人も、手順を拾い上げ、それに従うことができるはずだ。だから私は、長い鎖の一部にすぎない。

Подиум: победитель Себастьян Феттель, Ferrari, обладатель второго места Льюис Хэмилтон, Mercedes AMG F1, третье место - Валттери Боттас, Mercedes AMG F1

Photo: XPB Images

F1は私にとって……

 1997年にここで働き始め、2009年の中国GPから表彰式を担当してきた。私にとってF1は、正確さと細部へのこだわりというのが全てだ。それはチームにとってもそうだし、この仕事をしている時の私にとってもそうだ。

Read Also:

次の記事
メルセデス、革新的デバイスDASの開発秘話語る「FIAも完成は無理だと思ったはず」

前の記事

メルセデス、革新的デバイスDASの開発秘話語る「FIAも完成は無理だと思ったはず」

次の記事

ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張

ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Oleg Karpov