フェラーリ、シンガポールGPに”疑惑”の冷却装置を投入

シェア
コメント
フェラーリ、シンガポールGPに”疑惑”の冷却装置を投入
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
協力: Giorgio Piola
2018/09/13 22:50

フェラーリは、シンガポールGPに新たなエアボックス冷却装置を投入。オンボードカメラの視界を、故意に遮っているようだ。

 フェラーリはシンガポールGPに新たなエアボックス冷却装置を投入。FIAは、オンボードカメラを冷却するように見せかけ、ステアリングなどを撮影することを妨げようとする行為を阻止しようとしているが、フェラーリ側もなんとかこれに対抗しようとしている。

 フェラーリは、ガレージ内やスターティンググリッドで、大量のドライアイスが入った冷却バッグを、マシン上部にあるオンボードカメラに乗せていた。この行動は、ある陰謀を生むこととなった。

 チームはこの冷却バッグについて、マシンとカメラの電子機器を冷やすためだと主張した。しかしライバルチームは、このオンボードカメラがステアリングホイールなどに表示されるマシンのセッティングを撮影するのを妨げるのが主な理由だと疑っていた。

 チームは、グリッド上全てのオンボードカメラ映像を見ることができる。そして、もしフェラーリが行っていることがそれによって分かるのであれば、他チームとしてはメリットを享受することになるかもしれない。

 FOMはこのフェラーリの行動に満足しておらず、そのためFIAはイタリアGPを前に、冷却バッグの使用を禁止すべきだとフェラーリに指示した。対するフェラーリはモンツァのグリッドで、傘を使ってカメラの視界を妨げるようにしていた。

 そしてシンガポールGPにフェラーリは、新たに設計されたエアボックス冷却装置を用意してきた。これには、カメラの視界を遮るように見える、いくつかの構造が確認できる。

 チームはこれについて、他チームが使うエアボックス冷却用の装置と同じであると主張するはずだ。しかしそれがマシンに取り付けられている時、ステアリングホイールが映らないよう遮られているのは、偶然ではないだろう。

次の F1 ニュース
未来のF1はこんなカタチ? 2021年マシンコンセプト画像が流出

前の記事

未来のF1はこんなカタチ? 2021年マシンコンセプト画像が流出

次の記事

「来季F1残留の可能性は少なくなっている」バンドーン認める

「来季F1残留の可能性は少なくなっている」バンドーン認める
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ロケーション シンガポール市街地コース
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース