レーシングポイント、巨大ファクトリー建設予定も予算制限が足枷に?

シェア
コメント
レーシングポイント、巨大ファクトリー建設予定も予算制限が足枷に?
執筆:
2019/02/20 11:03

レーシングポイントは新しいファクトリー建設のため、シルバーストンに所有する土地を10倍に拡張する。

 昨年までフォースインディアの名でF1に参戦していたチームは今季、新オーナーの下でレーシングポイントと名称を変えて2019年シーズンを戦う。

 レーシングポイントは新たなファクトリーを建設するために、ジョーダン時代の1991年から所有している3エーカーの土地に加えて新たに27エーカーの土地を購入した。

 つまり、チームは計30エーカーの土地を手にしたこととなる。これは東京ドーム約3個分の大きさである。

 建設工事は許可が降り次第開始される予定で、ファクトリーの正面はシルバーストンサーキットにも面する「ダッドフォード・ロード」沿いに作られるという。

「まだ建築許可は降りていないが、近々その日が来ると思っている」と語るのは、チーム代表のオットマー・サフナウアーだ。

「今計画を進めているところだ。新しいファクトリーの完成には2年から2年半かかるだろう」

 サフナウアーによると、チームの風洞施設はシルバーストンから7マイルほど離れたブラックリーにあり、巨大なファクトリーを建設することで、風洞施設を含めたひとつの大きな施設を作る狙いがあるようだ。

「現在の拠点では300人が仕事をしており、風洞施設にも100人以上が働いている。全てをひとつ屋根の下に収めたいんだが、この拠点に350人以上のスタッフがいるのは適切ではない」

「仮に同じ大きさであったとしても、スタッフに集まってもらうためには新しい施設が必要だ」

 フォースインディア時代の資金難も解決し、順調に見えたレーシングポイントだが、あるひとつの問題に直面している。それは新ファクトリーの完成が予想される2021年から、予算制限が導入される予定であることだ。

「そうなると適切な規模にしなければならないが、規則が定まっていない限り、それは難しい」とサフナウアーは言う。

「ファクトリーをどのくらいの大きさにするかや、何を導入するかなど、どのようにして決めていけばいいのだろうか」

「ただひとつ言えることは、現在の建物や人員の規模が小さ過ぎるということだ。だから我々は必要に合わせて拡大、縮小するのに十分な土地を購入した」

「我々は時間をかけながら、戦略的に成長しなければならない」

「ある人は我々がF1で2番目に人手が少ないチームだと言う。おそらく人員が最も少ないのはハースだが、彼らは多くの資金を投入している。つまり、予算面ではおそらく我々が最下位だろう」

次の記事
 リカルド、DRSトラブルであわや大クラッシュ。ロングランには好印象

前の記事

リカルド、DRSトラブルであわや大クラッシュ。ロングランには好印象

次の記事

F1合同テスト3日目午前:最速はアルファロメオのライコネン。ウイリアムズは未だ走行ならず

F1合同テスト3日目午前:最速はアルファロメオのライコネン。ウイリアムズは未だ走行ならず
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper
Be first to get
breaking news