F1

【訃報】ニキ・ラウダ亡くなる。享年70歳

3回にわたってF1王者に輝いたニキ・ラウダが、5月20日(月)に亡くなったことが分かった。70歳だった。

 3回にわたってF1王者に輝いたニキ・ラウダが亡くなった。70歳だった。

 ラウダは昨年半ばから健康問題に悩まされ、8月には肺移植の手術を受け、2カ月間にわたって入院を余儀なくされていた。また、今年の初めにはインフルエンザに感染し、再び短期間の入院生活を送っていた。

 最近では、腎臓透析を受けているとオーストリアの新聞でも報道されていたラウダ。しかし5月20日(月)に、家族に見守られながら、息を引き取ったという。

「私たちの愛するニキは、月曜日に家族に見守られながら、静かに亡くなった」

 ラウダの家族は、オーストリアのメディアにそう声明を発表した。

「アスリートとして、そして実業家として、彼の達成した業績は忘れ難い。彼の疲れを知らない行動への熱意、そして彼の率直さと彼の勇気は、記憶の中に残っていく」

「我々全員の模範として、そして目標だった。プライベートでは、彼は愛と思いやりにあふれた夫であり、父親であり、祖父であった」

関連記事:

前の記事

ニキ・ラウダの死去に、モータースポーツ界全体が悲しむ

次の記事

ニキ・ラウダ1949-2019 その栄光の経歴

最新のビデオ

新着ニュース一覧

Motorsport Network

アプリをダウンロード