アルボンのトロロッソ加入に、ニッサン不満。ダムス代表「解決策を模索」

シェア
コメント
アルボンのトロロッソ加入に、ニッサン不満。ダムス代表「解決策を模索」
執筆: Alex Kalinauckas
2018/10/23 0:38

トロロッソ・ホンダ入りの可能性が語られているアレクサンダー・アルボン。しかし、彼はフォーミュラEのニッサン・e.ダムスと3年契約を交わしており、ニッサンとダムス側は大いに不満を抱いている。

 ニッサン・e.ダムスのチーム代表であるジャン-ポール・ドリオは、アレクサンダー・アルボンのトロロッソ・ホンダへの移籍に関する状況ついて、「非常に不満である」と語る。

 今季のFIA F2のタイトルを争っているアレクサンダー・アルボン。彼はニッサンと契約し、今年の12月にサウジアラビアで開幕する予定のフォーミュラEに、ニッサン・e.ダムスのドライバーとして参戦することになっている。契約期間は3年間である。

 しかし、先週行われたバレンシアテストの開始直前、アルボンがF1のトロロッソ・ホンダの最有力候補になっていることが発覚。結局彼がテストでドライブすることはなかった。代わりに、最終日にはオリバー・ローランドが、ニッサン・e.ダムズのフォーミュラEマシンを走らせた。

 ドリオは今回の状況について、「突然のことだった」とmotorsport.comに対して語った。

「ダムス及びニッサンe.ダムスの中において、今回のことについては非常に不満を抱いている。ダムスに関してのみ言えば、我々はF2において、アレクサンダー・アルボンのレース、そして財政的な交渉を支援するために、とても多くのことをしてきた」

「彼には素晴らしいクルマを与えてきた。彼は昨年はARTグランプリに在籍していたが、パフォーマンスを示すことができなかった。そして我々と共に、彼はとても速いことを実証したんだ」

「我々は彼と(フォーミュラEの)3年契約を結んだ。そして突然のことだった……我々は彼を手助けし、彼のイメージを輝かせていたからね。トロロッソが(ヘルムート)マルコ博士とやってきて、アルボンをマシンに乗せたいと言ってきたんだ」

「F1に乗りたいと言ってきたドライバーに、その可能性があることを伝えれば、その答えは分かりきったことだ」

「だから我々はトロロッソと話し合いを行っている。しかし想像していただけるように、ニッサンの上層部には、非常に不満に思っている人もいる」

「彼らはとても不満に思っている。我々は彼と3年契約を交わしたのだからね。しかし、解決策を見出そうとしているのだ」

 ドリオ代表曰くまだ解決には至っておらず、アルボンの将来に関する交渉は、継続していると語る。

「解決策を探しているところだ。もうドライブしたくないというドライバーがいた時、あなたならどうするだろうか? しかし、我々に契約があるのは明らかだ」

「現時点では何の決定も行われていない。そしてオリバー・ローランドを、サードドライバーのような形でマシンに乗せた。今後2〜3週間の間に、物事がどう発展していくかを見ることにしよう」

「我々はトロロッソと、誰にとっても最高の解決策を見つける方法について話し合いを行っている」

次の記事
F1アメリカ決勝:ライコネン、跳ね馬復帰後初勝利。ハミルトン王者決定ならず

前の記事

F1アメリカ決勝:ライコネン、跳ね馬復帰後初勝利。ハミルトン王者決定ならず

次の記事

F1、ドライバー視点の車載カメラをテストへ? テスターはアロンソに

F1、ドライバー視点の車載カメラをテストへ? テスターはアロンソに
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , フォーミュラE
ドライバー アレクサンダー アルボン
執筆者 Alex Kalinauckas