F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
17 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
24 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
31 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
52 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
73 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
101 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
108 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
122 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
136 days

2026年より前に、F1に新しいパワーユニットメーカーが参入する可能性はゼロ?

シェア
コメント
2026年より前に、F1に新しいパワーユニットメーカーが参入する可能性はゼロ?
執筆:
2020/06/10 7:44

F1のモータースポーツ面のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、レギュレーションが変更される2026年まで、新たなパワーユニットメーカーがF1に参戦することはないだろうと認めた。

 メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4社がパワーユニット(PU)供給メーカーとして参戦している現在のF1。以前、フォルクスワーゲン・グループがF1参戦について興味を示していたものの、これは実現せず……現時点でも参入の候補と目されるメーカーの存在は明らかになっていない。

Read Also:

 F1のマネージング・ディレクターを務めるロス・ブラウンも、現在のPUに関するレギュレーションは2025年まで継続する予定であるため、新レギュレーションが導入されるまでは新たな参入メーカーは現れないだろうと認めている。

 ただその一方で、新PUレギュレーションが導入される際には、他のメーカーが参入することを期待したいとも語る。

「新たなエンジンを手にしたいと思うのは、それほど遠い未来ではない」

 ブラウンはmotorsport.comに対してそう語った。

「新たなエンジンを手にするなら、18ヵ月以内に設計を開始する必要があるんだ」

「つまりFIAとメーカーは、次のパワートレインがどのようになるのか、それを検討している。そしてそれが、新たなメーカーを引き込むチャンスだと思う。そのためには、設計の仕様を設定する必要がある。我々は、次の期間のパワートレインであると、我々が感じているモノを検討している」

「現在のエンジンに投資するメーカーはないだろう。なぜなら現在のモノは、その時点で終わることになるはずだし、スピードを手にするには非常に大きな投資が必要だからだ」

 新たなパワートレインのレギュレーションを定義する、緊急性は今のところはない。しかしF1とFIAの担当者は、すでにアイデアの評価を始めている。

「奇遇なことに、今朝それについて話し合っていたんだ」

 そうブラウンは語る。

「パット・シモンズ、ニック・ヘイズ、ジル・シモン、ファブリス・ロム、ニコラス・トンバジス……そういうメンバーからなる我々全員が、将来のパワートレインをどうすべきかということについて取り組んでいる」

「目的については理解している。関連性と経済性が高く、そして優れたレーシングエンジンである必要があるんだ。達成したいことが何であるのかは分かっている。しかしそれがどうなるか、まだ定義していないのだ」

「我々は、未来に向けた解決策には、別のアプローチもあると信じ続けている。解決策がひとつしかないとは考えていないんだ」

「非常に適切なモノにすることができると思う。持続可能な燃料も、我々にとっては大きな部分だ。なぜならエンジンがどうであれ、燃料はその重要な部分になるからだ」

「一部のパートナー企業と協力して、F1に持続可能な燃料を導入するための戦略に取り組んでいる。それが将来を決める、大きな要素になるだろう。しかし現時点では、エンジンがどのようなモノになるのかは分からない」

 現在の規則を改訂するのか、あるいはもっと根本的な部分で変更されるのかと尋ねると、ブラウンは次のように語った。

「現時点では、現在と同様のテクノロジーが維持されることになるだろうと感じている」

「いくつかの先進的なエンジンが登場する兆しもある。しかしそれらの技術が十分に確立され、18ヵ月でそれに委ねることができるようになるとは思わない」

Read Also:

次の記事
”玉突き移籍”に衝撃も……ノリス、新たな刺激に期待「リカルドの経験は貴重」

前の記事

”玉突き移籍”に衝撃も……ノリス、新たな刺激に期待「リカルドの経験は貴重」

次の記事

レース復帰へテストを開始……メルセデスF1代表「挑戦的な1年になる」

レース復帰へテストを開始……メルセデスF1代表「挑戦的な1年になる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper