F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
24 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
30 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
37 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
51 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
58 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
114 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
142 days

今のF1に参戦し続ける意味はない! F1の早急な変化を求めるハース

シェア
コメント
今のF1に参戦し続ける意味はない! F1の早急な変化を求めるハース
執筆:
2019/01/15 3:02

ハースのシュタイナー代表は、トップ3チームとの力の差が明白な状態が長期的に続く場合、F1に参戦する価値はないと話した。

 ハースのギュンター・シュタイナー代表は、メルセデス・フェラーリ・レッドブルが圧倒的なトップ3チームとして君臨している状況について、短期的には受け入れられるものの、長期的に続くようならF1に参戦する意味はないと語った。

 現在、F1はトップ3とそれ以外のチームの間に歴然としたパフォーマンス差が生じている。中団チームがトップ3に挑戦できる可能性はほとんどないため、F1がAクラスとBクラスに分けられていると言う人もいる。

 シュタイナーは、この状況が短期的なものなら受け入れることができると考えているが、もし状況が長期的に変わらないようであれば、F1参戦に疑問が生じてくるとmotorsport.comに話した。

「2年間なら、まだ継続可能だと思う。しかしそれが長期的になれば、うんざりしてしまうだろう」

「ある時点でそれが変わらなければ、ここにいる意味はない」

「表彰台や優勝を争う楽しさを感じ取ることができなければ、ビジネスとしては機能しない。一定の時間が経ってもそのままなら、ここにいる意味はないんだ」

「世界中の21カ国に飛び、人生を浪費してまで昼夜を問わず狂ったように仕事をするのはなぜなのか。昨年と同じようなことになると知っていたら、そんなことはできない。無駄なのだ」

 2021年に導入される予定の新レギュレーションによりマシンの外観が新しくなり、予算上限が採り入れられる可能性もある。それに加えて、チームの自然な進歩も、違いを生む要素になるとシュタイナーは考えている。

「F1は常に変化しており、物事が急速に変わっていくこともある。だから3年後のF1が今と同じようなものだとは思わない」

「2000年代初頭のF1がどうだったのかを振り返ってみればいい。本当に簡単にお金を稼ぐことができたが、今は不可能だ。ほんの18年しか経っていないが、不可能になってしまったのだ」

「だから、物事は変化する。それは私がF1に興味を持っている原因のひとつだ。今後20年間、同じことをするのとは違う。いつも何かが変わっているんだ」

次の記事
トロロッソ、”レッドブルの手助け”なら、2019年もグリッド降格やむなし?

前の記事

トロロッソ、”レッドブルの手助け”なら、2019年もグリッド降格やむなし?

次の記事

サインツJr.、マクラーレンの上位返り咲きを期待も「長期的な計画だ」

サインツJr.、マクラーレンの上位返り咲きを期待も「長期的な計画だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble