F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
11 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
39 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
46 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
60 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
74 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
81 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
95 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
102 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
116 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
130 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
158 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
165 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
179 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
186 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
200 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
214 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
221 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
235 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
249 days

ノリス、ウォールに何度かヒットするも8位入賞「本当に神経質になった」

シェア
コメント
ノリス、ウォールに何度かヒットするも8位入賞「本当に神経質になった」
執筆:
2019/04/29 23:00

ランド・ノリスはアゼルバイジャンGPの終盤で壁にヒットしたことで、トップ10フィニッシュを逃すかもしれないと神経質になっていたようだ。

 ランド・ノリス(マクラーレン)はF1アゼルバイジャンGPで8位となり、7位に入ったチームメイトのカルロス・サインツJr.とともにダブル入賞を果たした。ルーキーのノリスにとってはバーレーンで6位となって以来、自身2度目の入賞となった。

「何度かウォールにヒットしていたんだ」とノリスはmotorsport.comに語った。

「最後の3、4周にはかなり激しくヒットしたので本当に神経質になっていた。でもありがたいことにマシンは無事で、なんとかやり過ごすことができた」

「ここはミスをすることなく走るのが難しいコースだ。あちこちでヒットしてしまったが、順位とポイントに影響することはなかった」

 ノリスはレース序盤、サインツJr.を従えてレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスを追走していた。しかしながらレース後半に2度目のピットストップを行い、サインツJr.と順位が入れ替わることとなった。

「簡単なレースではなかった」とノリスは語った。

「僕は終盤を除いて、明らかにチェコ(ペレス)に引っかかっていた。僕のマシンは彼を追い越すのに十分なストレートスピードがなかったんだ」

「全体的なペースでは彼よりも少し速かったので、その分少しイライラした。ただチームの観点で言えば、2台がポイントを獲得することができたので満足だ」

「ひとつ言えるのは、誰しもパスをすることは簡単ではなかったということだ。それはペースが良かったカルロスも同様だ」

「彼もチェコをパスすることができなかった。僕たちにとってタフなレースだったが、この結果を受け入れようと思う」

 マクラーレンは今回のダブル入賞によって、コンストラクターズポイントを18とし、ランキングをいわゆる3強チームに次ぐ4位にあげた。

次の記事
F1初タイトル獲得から10年……バトン 、懐かしのヘルメットカラーを復活

前の記事

F1初タイトル獲得から10年……バトン 、懐かしのヘルメットカラーを復活

次の記事

スペック2エンジンに問題なし。ホンダ田辺TD「今後もチームと共に前進していく」

スペック2エンジンに問題なし。ホンダ田辺TD「今後もチームと共に前進していく」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
ドライバー ランド ノリス
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Adam Cooper