開発が進む2022年F1マシン、シミュレータでの感触はイマイチ?「他のチームもそうだといいけど……」とノリス

ランド・ノリスは、マクラーレンのシミュレータで試したF1の2022年マシンの感触は、現在のマシンと比べて「良いものではない」と語った。

開発が進む2022年F1マシン、シミュレータでの感触はイマイチ?「他のチームもそうだといいけど……」とノリス

 F1は2022年シーズンにテクニカルレギュレーションの大改訂が行なわれ、それに伴いマシンも大幅に変化する。各チームは次世代マシンの開発に全力で取り組んでいるが、その感触は現行マシンよりも芳しくないようだ。

 次世代マシンは複雑な空力デバイスを極力排除し、車体下面で大きなダウンフォースを発生させる“グランドエフェクトカー”となることが目指されており、これにより各車がこれまで以上に接近したバトルを展開できるようになり、レース中のオーバーテイクが増加することが期待されている。

Read Also:

 しかしながら、全体的なダウンフォース量の低下や18インチタイヤの導入などで、そのハンドリングは独特なものになるようだ。マクラーレンのランド・ノリスは既にシミュレータでそれを実感している。

 ノリスは2022年マシンについて、motorsport.comに次のように語った。

「かなり変わったマシンだ。ある意味今シーズンのような良いマシンではない」

「それは他のチームも同じであると信じたいけど、どうだろうね。素晴らしいマシンだとか酷いマシンだとかは考える必要がないと思う」

「ベストを尽くす必要があるし、来年のプレシーズンテストには良いマシンで臨みたい」

 F1は今季のイギリスGPの際に2022年マシンのコンセプトモデルを公開。F1ファンは既に2022年マシンがどのようなものかを大方知ることができた。

 ノリス曰く、マクラーレンはまだ製造過程には進んでおらず、新マシンの図面は学習が進むに連れて定期的に変更されていると言う。

「僕たちが見たマシンはシルバーストンで見たものだけだ」とノリスは言う。

「僕たちのファクトリーにあるマシンは、まだマシンと呼べるようなものではない。まだ設計図を書いている段階だ」

「それを目にするにはあと数ヵ月、もしかすると来年までかかるかもしれない。図面やデザインはいくつか見たことがあるけど、毎週新しくなっていて、違うものが出てきている」

「でも毎週変更が加えられているので、(マシンは)どんどん速くなっていくだろう」

 2022年シーズンに関しても実走テストが制限されるため、シミュレータによってパフォーマンスを最大限引き出すことが非常に重要になってくる。そのためアルピーヌのフェルナンド・アロンソは、来たるオフシーズンが自分のキャリアの中で最も大変なものになるだろうと考えている。

 2022年マシンのパフォーマンスを左右するものは何かと尋ねられたアロンソは次のように答えた。

「マシンのパフォーマンスは、シミュレータでの作業、冬のテストでの作業にかかってくると思う」

「最終的に3〜4レースを走った時点で、マシンのパフォーマンスを十分に引き出し、マシンとレギュレーションをしっかり把握できるようになればいいと思う。それが結果を左右するだろう」

「適応という点では大きな違いはないと思う。ただ、シミュレータでチームと過ごす時間が増えるので、これまでのシーズンオフよりも大変になる」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ペレス、結果が出ないレース続くも「ペースは良くなっている。必ず復調できる」と自信
前の記事

ペレス、結果が出ないレース続くも「ペースは良くなっている。必ず復調できる」と自信

次の記事

「本来ならば日本GPだった週末……トルコGPも楽しんで欲しい」ホンダF1田辺テクニカルディレクターが意気込み

「本来ならば日本GPだった週末……トルコGPも楽しんで欲しい」ホンダF1田辺テクニカルディレクターが意気込み
コメントを読み込む