F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
19 時間
:
05
:
51
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

ファンがいてこその“ホームレース”なのに……ノリス、無観客の母国GPに複雑な面持ち

シェア
コメント
ファンがいてこその“ホームレース”なのに……ノリス、無観客の母国GPに複雑な面持ち
執筆:
2020/07/28 3:40

マクラーレンのランド・ノリスは、観客のいない今季のグランプリがF1というよりもフォーミュラルノーやF3のように感じると語り、母国GPでそのような雰囲気となることは特に寂しいと語った。

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、7月に開幕した2020年シーズンのF1。ただ新型コロナの感染拡大を防ぐため、これまでのところ全てのレースが無観客で実施されている。サーキットにはグランプリの運営に不可欠なスタッフのみが立ち入る形となっており、その数は2000人前後となっている。

Read Also:

 マクラーレンのランド・ノリスはこういった現状を寂しく感じている。特に週末に控えるイギリスGPは彼のホームレースだが、そこに地元イギリスのファンはいないからだ。

「とても寂しかったよ。彼らの雰囲気が懐かしいよ」

 空席のグランドスタンドを走るのはどういう心境かを問われたノリスはそう語った。

「ファンがいないところで走っていると、フォーミュラ・ルノーやF3で走っているような感じがする。そういったレースではサーキットに行ってもあまりファンがいないんだ」

「そういう意味ではカートのような感じもするね。誰かのために素晴らしいショーを見せるというよりも、ただレースをしに行くというような感じで、変な感じがするんだ」

「それは他のドライバー、そしてエンジニアやメカニックも同じだ。彼らもあの雰囲気を懐かしく思っているし、ファンの熱狂を見たいと思っているはずだ」

 ノリスはまた、シルバーストンで行なわれる2連戦はファンがいないことによってホームレースの雰囲気が損なわれてしまうと考えている。

「僕のホームコースで行なわれる2レースで、ファンがそこにいてくれたら最高だったのに、(無観客なのは)気分が良くないね」

「昨年の初めてのホームレースでは素晴らしい経験をさせてもらった。たくさんのファンの前でステージに上がったりできたんだ。最高だったよ」

「だから本当に寂しい。ある意味では、ホームレースにしてくれるのは彼らなんだ。そうでなければ、それはただのレースになってしまう」

「確かにそこがホームトラックであることに変わりはない。でも僕たちがそこでのレースを“ホームレース”と呼んで興奮しているのはファンがいるからだ。レース後に家に帰って自分のベッドで寝られるからではないんだ」

「だから変な感じになるだろうし、これまでのレースもそうだった。また再びファンを迎えられるようになるのを楽しみにしているよ」

 

Read Also:

ホンダのファクトリー閉鎖は他メーカーとは条件が違った? FIAが詳細を説明

前の記事

ホンダのファクトリー閉鎖は他メーカーとは条件が違った? FIAが詳細を説明

次の記事

シルバーストン”逆走”のアイデアは、そもそも現実的ではなかった

シルバーストン”逆走”のアイデアは、そもそも現実的ではなかった
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランド ノリス
執筆者 Jonathan Noble