F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

6位入賞のノリス、トップチームとのバトルに収穫あり「いつかは彼らを倒す」

シェア
コメント
6位入賞のノリス、トップチームとのバトルに収穫あり「いつかは彼らを倒す」
執筆:
2019/07/03 23:34

マクラーレンのランド・ノリスは、オーストリアGPでトップチームのマシンと競い合ったことが大きな意味を持つと考えている。

 ランド・ノリス(マクラーレン)は、オーストリアGPの決勝で5番グリッドに並んだ。スタート直後に、ストール寸前のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の前に出ると、1コーナーではルイス・ハミルトン(メルセデス)をアウトからオーバーテイク。一時的に3番手に浮上した。

 最終的に6位でフィニッシュし、ベスト・オブ・ザ・レストを獲得したノリスは、レースをこう振り返った。

「1周目は最高だったね!」

「ここ数レースではスタートでミスが続いていた。(前戦)ポール・リカールではまともな仕事ができたけどそれほど良くもなかった。でも今回は良いスタートができた」

「僕はターン1に侵入するとき『ランオフに逃げようか、どうしよう』と考えていた。ただルイスなら愚かなことをしないと信じていたし、あのシチュエーションで彼はリスクを冒すことができなかったから、僕が外からターン1を回って、彼の前に立つことができた」

 ノリスは結局オープニングラップをハミルトン、そしてキミ・ライコネン(アルファロメオ)の後ろ5番手で終えたが、14周目にライコネンを抜き返し、チームにとって貴重なポイントを持ち帰ることに成功した。

「ルイスはストレートで速く、彼の前にとどまることができなかった。それは残念だったし、フラストレーションの溜まるものだった。ただそれ以外では良い仕事ができた1周目だったと思っている」

「その後はレースをコントロールしながらも、アルファ(ライコネン)をかわすことができた。最後までタイヤを保たせようとしていたけど、そんな中でも僕たちはペースに自信があったんだ」

「僕は最初の数コーナーよりもその後の部分が、結果に大きく関わってくることをわかっている。レースが終わりに近づくにつれて、どのようにバッテリーやタイヤを管理していくかを学んでいるんだ」

「ターン1で愚かな真似をして、リスクを冒しながらポジションを上げようとするよりも、そっちの方が得るものが大きいんだ。思っていたよりも後退してしまったけど、僕は安全策をとったんだ」

 ノリスはまた、スタートの失敗から追い上げていたフェルスタッペンと対峙した時が、マクラーレンの長所と短所を理解する重要な機会であったと考えている。

「マックスは最初、僕をパスするのに苦しんでいた。でも、ペースの面で明らかに大きなアドバンテージがあって、彼は優勝に向かっていた。ただ、彼にとってオープニングラップ(でのミス)を取り返すことは簡単じゃなかっただろう」

「彼らとレースできて良かった。彼らがどこでタイムを稼いでいて、どこで僕たちとさほど変わらないのかを確かめることができた」

「僕たちより速いマシンと競い合えたのはほんの少しの間だったけど、僕たちが最終的に目指している位置はそこなんだ。だから懸命に働いていれば、いつかは彼らを倒せる日が来るだろう」

次の記事
レッドブル、オーストリアで速さを発揮も……その理由は“完全には”分かっていない?

前の記事

レッドブル、オーストリアで速さを発揮も……その理由は“完全には”分かっていない?

次の記事

昨年型タイヤへの変更は、集団が近付くチャンスだった……フェラーリ代表語る

昨年型タイヤへの変更は、集団が近付くチャンスだった……フェラーリ代表語る
コメントを読み込む