ランド・ノリス、長期契約の恩恵で私生活も充実! 「以前よりもリラックスできている」

ランド・ノリスはマクラーレンとの複数年契約により、ワークライフバランスが整い、レースから離れてもリラックスできるようになったと信じている。

ランド・ノリス、長期契約の恩恵で私生活も充実! 「以前よりもリラックスできている」
Listen to this article

 マクラーレンのランド・ノリスは、チームと複数年契約を結んだことにより、ワークライフバランスが改善し、コース外でもよりリラックスできるようになったと考えている。

 2019年にマクラーレンからF1デビューを果たしたノリスは、過去4シーズンに渡って印象的なパフォーマンスを発揮。チームの中心的な立ち位置を確固たるものにしている。

 チームもノリスへの信頼を2025年までの長期契約を提示するという形で示している。そしてノリスはこの長期契約によって、自分の将来について考えすぎなくて済むため、確実にプレッシャーが軽くなっているという。そしてチームの設備投資が効果を発揮するのを”楽しみ”にすることができると語った。

「今、すべてが良くないというわけではないけど、新しい風洞や、チームと一緒に進めている他のプロジェクトが、24年と25年までにもっといいパフォーマンスを発揮してくれることを期待している」

 ノリスはサマーブレイクを前に行なわれたmotorsport.comのインタビューで語った。

「必ずしも勝利に直結するとは限らないけど、その方向に進む上で絶対に役に立つと納得したい」

「チームとしてやっていることで、素晴らしいことはたくさんある。トップチームよりもうまくいっていると思えることもあるんだ。ただ、それを示すクルマがないだけなんだ」

「僕はハッピーだよ。長い間ここにいることを決めたのは、良い決断だったとも思っている。僕にとって一番重要なことは、それを楽しんでいるということなんだ」

「毎年、未来がどうなるのかワクワクするんだ。なぜなら、数年後にどこに到達できるのか、どんどん楽観的になっていきそうだからだ」

 ノリスはF1キャリアの初期に、自分の能力やグリッド上の位置に対する自責の念から、メンタルヘルスの問題に苦しんでいたことを公言している。

 コース上での成功を続ける一方で、ノリスはゲームの配信やアパレルブランドの立ち上げなど、レース以外のことにも積極的に取り組むようになっている。

 ノリスは「F1での地位が少し上がったと感じることは、間違いなく大きな違いだ」と語り、ワークライフバランスを向上させることで「トラック上だけでなく、私生活も幸せになった」という。

「今はもう少し快適になったと感じている」とノリスは言う。

「とてもいいパフォーマンスをしていると思うし、必要なときに必要なものを提供できている。コース上でも快適だ」

「そして僕は、良い生活もできているんだ。F1から離れてもリラックスできている。『今回はひどい仕事をしてしまったから、次回はこうしなくてはいけない』なんて考えなくていいんだ。数年前の自分みたいにね」

「『なぜ、あそこで失敗したんだろう? なぜ、あのポジションではだめだったのか』など、常にそういうことを考えてしまっていたんだ。リラックスできなかった」

「今はF1のときは、そこで最高の仕事をするためにできること、効率的なことをすべてやっていると感じている。そしてそこから離れた生活もできているんだ」

 
Read Also:
シェア
コメント
8月に翌年のレギュレーションが変更されるのは遅すぎる? アルピーヌ「上位チームにとっては素晴らしいことだろう」
前の記事

8月に翌年のレギュレーションが変更されるのは遅すぎる? アルピーヌ「上位チームにとっては素晴らしいことだろう」

次の記事

ハミルトン、今季苦戦もメルセデスF1続投の意思固く「5〜10年先についても話し合った」とチーム代表明かす

ハミルトン、今季苦戦もメルセデスF1続投の意思固く「5〜10年先についても話し合った」とチーム代表明かす