マクラーレン、2023年に向けてノリスから期待のプレッシャー。「フェラーリみたいに飛躍するチャンスはある」

マクラーレンF1のランド・ノリスは2023年シーズンに向けて、チームは昨シーズン大きな進歩を見せたフェラーリのように、大きな一歩を踏み出す必要があると語った。

Carlos Sainz, Ferrari F1-75, battles with Lando Norris, McLaren MCL36

 F1の2023年シーズン開幕が徐々に迫ってきたが、マクラーレンのランド・ノリスは新シーズンに向けては昨年のフェラーリのように大きく進歩する必要があると主張している。

 マクラーレンは近年、アンドレアス・ザイドルのもとチーム再建に取り組んできたが、2020年にはランキング3位を記録するなど上昇傾向を示してきた。

 ただ、新レギュレーションが導入された2022年シーズンの表彰台はノリスが獲得した1回に留まり、ランキングは5位と若干後退する形となった。

 グラウンドエフェクトカーの2シーズン目となる2023年に向け、ノリスは2021年から2022年にかけて躍進を見せ、昨年4勝を記録したフェラーリのように、マクラーレンも成長する必要があると考えている。

「僕はできると思っているんだ。フェラーリがやってみせた成長は、極めて良いものだった」

 motorsport.comの独占インタビューに応えたノリスは、そう語った。

「彼らは2021年には僕らと接戦だったポジションから、今は優勝を争える、毎週末表彰台を争うポジションに進んでいる……これは僕らが目指していくべきものだ」

「あるシーズンから次のシーズンへ、このレベルのジャンプが必要なんだ」

「彼らは、明らかにそれを運ではなく新規定となったF1の新マシンを最大限活用することで、これまで以上の大きな飛躍を実現した」

「でも僕らにも、そういったジャンプを達成するためのチャンスはまだまだある」

「そして、それが僕らの目指す目標なんだ」

Lando Norris, McLaren

Lando Norris, McLaren

Photo by: Erik Junius

 ノリスは2023年に向けた改善のため、チームはリソースをもっと有効に活用できるとも付け加えている。

「事実として、僕らはより良い仕事をしなければならないし、チームはより良いマシンを作るために、良い仕事をしなければならない」

「来年はもう進歩を実現していく年だと思うし、僕らにはそれができると確信している」

「僕らは適切な分野に適切な人材を既にたくさん備えているんだ」

「これはまさに最後のハードルだ。レッドブルやメルセデスそしてフェラーリと同じレベルに引き上げていくためのね」

「チームも、良い仕事をする必要があるというのは分かっているんだ」

 なおノリスは元チームメイトのカルロス・サインツJr.がフェラーリで優勝争いに加わっていることや、F2でのライバルだったジョージ・ラッセルが今ではメルセデスに移って上位を争っていることで、優勝への渇望や焦りが大きくなっていると認めており、次のように悔しい胸の内も吐露している。

「彼らと一緒にいられたらと思うよ。もちろん、彼らと戦いたいとオム」

「僕はその戦いに参加する資格があると思う。戦えると感じているし、素晴らしいバトルになると思う」

「だけど、今の僕の立場ではそれは無理なんだ……でも将来彼らと争うことはできるし、同じような結果も出せると思っている」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ハース代表、”ナンセンスな”レースコントロールに不満残る「改善の余地が大いにある」
次の記事 F1のチームメイトは、親友である必要があるのか? 緊張が噂されるマグヌッセン&ヒュルケンベルグ、あるいはオコン&ガスリーは大丈夫か……

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある

F1 F1
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
フェラーリ、ル・マン連覇も「勝てるとは思っていなかった」。トヨタと白熱トップ争いを制する
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

LM24 ル・マン24時間
24 Hours of Le Mans
トヨタ8号車、不運にも泣きル・マンを5位で終える。悔しさを抑えきれないドライバーたち「終盤のアクシデントがなかったら勝てていた」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本