F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
Race まで
18 時間
:
56
:
21
28 8月
次のセッションまで……
12 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
19 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
26 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
40 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
54 days
23 10月
次のセッションまで……
68 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
76 days

「レーシングポイントの前で終えられるとは……」予選4番手のノリス、結果は予想外

シェア
コメント
「レーシングポイントの前で終えられるとは……」予選4番手のノリス、結果は予想外
執筆:
2020/07/05 2:12

マクラーレンのランド・ノリスはF1オーストリアGPの予選で4番グリッドを獲得したが、彼曰くレーシングポイントよりも前で予選を負えられるとは予想していなかったという。

 2020年のF1開幕戦オーストリアGP予選が行なわれると、結果はメルセデスの2台がフロントロウを占め、3番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが続くという、トップ3に関してはある種順当な結果となった。

Read Also:

 しかし4番手にはマクラーレンのランド・ノリスが続いており、フェラーリ勢が大きく苦戦するなど意外性もある予選となった。

 予選までのセッションでは“ピンク・メルセデス”の異名を取るレーシングポイントが速さを発揮しており、彼らがトップチームに次ぐ位置につけていると見られていた。両ドライバーとも予選Q3に進出していたが、Q3ではトウ(スリップストリーム)を失っていたことで6番手に甘んじたとセルジオ・ペレスは語っている。

 ノリスは予選を終えて次のようにコメント。レーシングポイントに勝てたことは予想外だったと語った。

「僕らは自分たちが望んでいるポジションに行くという期待は持っていた。そしてレーシングポイントは当初から速かったから、彼らに勝てるとか、近づけるとは思っていなかったんだ」

「だけど燃料を減らして予選に向かうと、マシンは生き生きとし、良いフィーリングを感じ始めたんだ。このコースは去年も僕らにとっては良い場所だったんだ」

「クルマには自信を持っているし、バッチリだ。明日のレースが上手く行けば良いと思う。ここでは2連戦するんだからね」

 ただノリスは、決勝レースにおいてレーシングポイントが強さを発揮するだろうとも考えている。

「初日において、彼らは間違いなく僕らよりも速かった。話したとおりだけど、(予選結果を)僕らは予想していなかったんだ」

「だからそれは100%活かすつもりだけど、レースを前方で進もうとするとき、後方には多くのマシンがいる。特にフェラーリだ。彼らのペースはとても強力だ」

「何らかの理由で彼らの予選ペースは遅くなっていたようだけどね。それからレーシングポイントもそうで、彼らはダウンフォースの多い、良いマシンを手にしている。僕らよりも少しタイヤを上手く使っていると思う。だから難しい仕事になるだろうね。自分のポジションに留まれれば満足だよ」

■ペレス、決勝レースに向けては自信あり

 ペレスは予選Q3において、Q2で自身が記録したタイムを上回ることができなかった。曰くトウを得られなかったことがその要因になっているという。

「Q2では合わせていったけど、Q3ではそれ以上はできなかった」と、ペレスは予選を振り返った。

「おそらく多少のトウを失っていたと思う。Q3ではトウは得ていなくて、自分ひとりのモノだったんだ。それに不運でもあった。(アレクサンダー)アルボン(レッドブル)と同じタイムを出したけど、残念ながら彼のほうが最初にタイムを出していたんだ。とにかく、それ以外はいいパフォーマンスだったと思う」

「(予選Q3は)クリアラップだったと思うし、全体として良いラップだった。さっき言ったようにストレートでは結構ラップタイムを失っていた。トウを得られなかったことがQ2タイムと比較して大きな痛手となったんだ」

「だけど僕らは明日のレースに向けて良い位置に居ると思う。僕らのレースペースは競争力のあるものだし、1周目から前を狙えるはずだ」

 ペレスは今季用マシンRP20の持つ一貫性こそが大きな強みだと強調している。

「それが本当に違いを生むんだ」と、ペレスは言う。

「うちのマシンはトラックに持ち出したときから安定していたと思う。どんな異なるシナリオでも機能してきている。だからかなり自信があるし、特に明日に向けては僕らのペースはとても強力なものだと思っている。もちろん、レースは未知数だけど(前方の集団に)混ざっていけるだろう」

 またノリスとのバトルの可能性についてはこう語っている。

「マクラーレンは僕らと近い位置で走るだろうと予想していた。明日のレースではファンを楽しませる事ができるはずだと思っている」

 
 

Read Also:

アルボン、今季開幕戦は5番グリッドから「悪くない位置。まずまずの走りができた」

前の記事

アルボン、今季開幕戦は5番グリッドから「悪くない位置。まずまずの走りができた」

次の記事

予選圧倒のメルセデス、今季も漂う王者の風格。ボッタス「他チームと”別リーグ”にいる」

予選圧倒のメルセデス、今季も漂う王者の風格。ボッタス「他チームと”別リーグ”にいる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ドライバー ランド ノリス
執筆者 Adam Cooper