F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

アタックを2度中断、予選15番手に沈んだノリス「コースインのタイミングも悪かった」

マクラーレンのランド・ノリスは、アタックのタイミングが悪かったこと、アタック自体もベストではなかったことでサクヒールGP予選のQ3に進めなかったと語った。

アタックを2度中断、予選15番手に沈んだノリス「コースインのタイミングも悪かった」

 マクラーレンのランド・ノリスは、F1第16戦サクヒールGPの予選Q2でうまくアタックをまとめることができず、15番手で予選を終えた。

 Q2最初のタイヤで行なったアタックでは、14番手に沈んだノリス。2セット目のタイヤを使ったアタックでは早めにコースインするも、ターン1でタイムをロスし、アタックを中断した。残り時間わずかのタイミングでコントロールラインを横切り、最後のアタックへ。しかしここでもラップを完了すること無くピットに戻った。

Read Also:

 予選を振り返ったノリスは「Q1のアタックは問題なかった。ひとつミスがあったけど、それでもまともなラップだったんだ」と語った。

「でもQ2(後半)ではコースインが早すぎてしまった。基本的に、ラップの最後や途中でトラフィックに巻き込まれないように、アウトラップをゆっくり走らなければならなかった。その影響でタイヤが温まっていなくて、ターン1ではタイヤが少し冷えていた」

「コーナーが4つしか無いのに、ターン1でタイヤが機能していないと、タイムアップは残る3つのコーナーでしか出来ない。だからアタックを中断したんだ」

「2度目のアタックではトラフィックはなかったけど、ターン1の周りに多くの人がいたので、かなりタイムロスをしてしまった。完璧なラップを走れなかったことと、その他の要素が重なってしまった」

「Q2ではクリーンな走りができなかったんだ。チームとしては、いつガレージを出てアタックを始めるかの判断にミスがあった。でもそれは同時にチャンスでもあったんだ。ただ完璧な仕事をすることができなかった。ふたつのことが重なって、このような結果になってしまったんだ」

 ノリスが予選15番手に沈んでしまったため、コンストラクターズランキング3番手を争っているマクラーレンはシーズン最後の2レースに向けてギヤボックスとパワーユニットを交換することを検討している。その場合、ノリスはグリッドペナルティを受けてグリッド最後尾からスタートすることになるが、ラスト2レースのパフォーマンスを底上げすることは出来るはずだ。

 ノリスのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、予選でマシンにダメージを受けパフォーマンスに支障をきたしたにも関わらず、Q3に進出し8番グリッドを獲得した。

「このサーキットはちょっとした戦争みたいなものなんだ」と、サインツJr.は語った。

「ピットに戻るたびに、何かが壊れていたり、何かがぶら下がっていたりするんだ。でもそれはそれだ」

「僕たちは週末を通してずっと遅かったけど、今日は僕らが達成できる最大限のことができた。FP3の後は12~13番手を目指していたから、良い日になったと思う」

「決勝は前を見るよりもミラーを見てレースをしなければならないかもしれないけど、精一杯戦うよ」

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスで速さ発揮のラッセル、ハミルトン契約交渉には影響なし? ウルフ代表明言

前の記事

メルセデスで速さ発揮のラッセル、ハミルトン契約交渉には影響なし? ウルフ代表明言

次の記事

リカルド、サクヒールGPは波乱の展開になると予想「深呼吸して我慢するのが大事になる」

リカルド、サクヒールGPは波乱の展開になると予想「深呼吸して我慢するのが大事になる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント サクヒールGP
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ランド ノリス
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble