F1 オーストリアGP

オーストリアでの接触で友情にヒビ? ノリス、フェルスタッペンが責任逃れをするなら「リスペクトを失う」

マクラーレンのランド・ノリスは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとのF1オーストリアGPでの接触について、その責任を負うのは自分ではないと語った。

Lando Norris, McLaren MCL38, retires in the pits after contact with Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, whilst battling for the lead

Lando Norris, McLaren MCL38, retires in the pits after contact with Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, whilst battling for the lead

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 マクラーレンのランド・ノリスは、F1オーストリアGP決勝で接触したレッドブルのマックス・フェルスタッペンが責任逃れの発言をするなら、フェルスタッペンへの「リスペクトを失う」と語った。

 レース終盤、ノリスとフェルスタッペンは10周近くにわたって限界ギリギリのバトルを繰り広げ、64周目のターン3ではついに接触。両者はパンクに見舞われた。

 フェルスタッペンは一度ピットインして5位でチェッカーを受けたが、ノリスはマシンダメージの大きさからレース続行を諦めた。

 レース後、ノリスはフェルスタッペンがブレーキング中に動いていたと主張し、“必死”かつ“無謀”だったと批判。ふたりは友好的な関係にあったが、今後の対応次第では亀裂が入る可能性があるとノリスは示唆し、謝罪を求めた。

 フェルスタッペンとの関係を修復しようと考えているかとmotorsport.comがノリスに尋ねると、次のように答えた。

「それは僕が言うことじゃなくて、彼が言うことだ」

「僕はフェアで良いレースをしようとしていた。彼の側から得られた見返りはなかった」

「彼のしたことは、3回中3回、僕の側からすればフェアじゃなかったと感じている。警告は出なかった。そして最後に同じようなことをして、僕らのレースを台無しにした」

 そしてノリスはSky Sports F1に対して、こう付け加えた。

「もし彼が何も悪いことはしてないと言うなら、僕は多くのリスペクトを失うことになるだろう」

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, battles with Lando Norris, McLaren MCL38

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20, battles with Lando Norris, McLaren MCL38

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

 フェルスタッペンはノリスと接触について話し合うつもりだと語ったが、まずはその前に冷静になることを望んでいた。

「それについては、そのうち話すことになる。でも、今じゃないだろうね」とフェルスタッペンは言う。

「今は適切な時期じゃない。僕らは、レーシングドライバーだからね」

「ランドと僕は、少し年齢的な差がある(ノリスが24歳で、フェルスタッペンは26歳)。だから他のドライバーと比べると、下位カテゴリー時代に対戦したことはないんだ」

「でも、そうだね。僕らは今回のことから前に進まなきゃいけない」

 

前の記事 F1分析|角田裕毅の”第1スティント引っ張る作戦”は失敗だった? タイヤ交換のタイミング遅らせたメリットを活かせず
次の記事 ウイリアムズF1、フランコ・コラピントをイギリスGPのFP1で起用決定。参戦1年目F2での活躍の”ご褒美”「母国アルゼンチンにとっても重要」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本